こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年03月29日

8次元の愛 177 〜揺れながら揺るがずに

必要なものは
必要なだけ
必要なときに
来ます。

真本音で
生きている限りは。

今、これが足りない。
今、これが欲しい。
と思っても、
今は、これが足りなくて
今は、これが欲しいと
思うこと自体に意味があり、
そんな自分だからこそ踏み出す
次の一歩が
最善の道を開きます。

真本音で
生きている限りは。

私達の顕在意識レベルの思惑は、
残念ながら
私達が思っている以上に
浅はかです。

そして、
私達の真本音は、
私達が思っている以上に
深く、
示唆に富んでいます。

私達にできることは、
私達自身の真本音を
信じることです。

・・・・・
例えば、
勇気をもって
一歩を踏み出すことが
できなかった。
と、悔やむことがあります。

しかし真本音で生きている限りは、
勇気が出なかったという
その選択こそが、
最善だったのです。

勇気を出そうとする
私達の思惑を
私達の真本音は超えて、
勇気を出せなかったという
最善の道を開きます。

いえ、
もっと正確に言えば、
勇気を出したいという
私達の思惑を
真本音は活かし、
勇気を出せなかったという
悔恨の思いを
わざと発生させ、
そんな私達だからこそ
さらに次の一歩が
最善となってゆく。
という道を
意図的に創ります。

それが真本音です。

ですから、
真本音で生きている人に
お伝えしたいのです。

欲しいものは
思いっきり「欲しい!」と
思いましょう。

悔やむときは
思いっきり
悔やみましょう。

悲しいときは
思いっきり
悲しみましょう。

そして、
嬉しいときは
思いっきり
喜びましょう。

自分の反応本音に
素直に生きればよいのです。

真本音で生きているからこそ
できることです。

・・・・・
道が進まなくなるときも
あります。
もっともっとスピードを上げて
前進したいのに、
何をやっても上手くいかない。
何をやっても進まない。

そんなときもあります。

しかし、やはり
真本音を大切に生きている限りは
それも
真本音の意図です。

あえて、今は進まない
ことが最善なのです。
そしてそこでイライラする
ことが最善なのです。
そんな道を経るからこそ、
その後に、
とてもとても大切な何かに
気づいたり
大切な何かを手に入れたり
できるのです。

3次元レベルの「現象」や
現象によって生じる反応本音に
揺らされないでください、
という話ではありません。

思いっきり
揺れても大丈夫ですよ。
だから、
思いっきり揺れながら行きましょう。
という話です。

すべて真本音の意図なのです。
だから安心して
揺れましょう。

安心して
不安定になりましょう。

それができればできるほど、
私達は
その奥の「真の安定」を
実感できるのです。

・・・・・
今の世の中も
揺れ揺れです。

これはもう
しょうがないです。

この揺れ揺れを
安定させようとは
決して思わないことです。

むしろ今は
どんどん揺れ動きましょう。

すると
世の中全体の揺れ揺れの奥に
確かに存在する
真の安定を
やはり実感できる瞬間があります。

揺れ動けば揺れ動くほど
安定を知ることができるのです。

心の動きと
世の中の動きは
まったく一致します。

自分と向き合い
自分の心を知ることのできる人は
世の中の「本当」を
知ることもできます。

何が、ただの揺れで、
何が、真の安定か。

それがわかれば、
その後の「自然な流れ」も
観えてきます。

恐れてもよいのです。
不安になってもよいのです。

私達は今の時代を、
思いっきり揺れ揺れになりながら、
揺るがずに進みましょう。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。