こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年04月17日

8次元の愛 184 〜101でも99でもなく

やり残したことを
次の日に持ち越す、
というのは
実は、かなりのストレスを
生じさせます。

今日は
ここまでのことをしよう。
と、
私達の真本音は
決めています。

真本音で決めていることを
後回しにすると、
そこに淀みが起き、
その淀みは次の日に
影響を与えます。

一つ一つ、
一日一日、
心を込めて丁寧に進むことが、
今は
特に重要です。

・・・・・
気をつけるべきは、
やり過ぎも良くない、
ということです。

今日はここまでにしよう、
ということも
真本音は決めているのです。

にも関わらず、
勢いだけで、明日にすべきことまで
してしまうと、
やはり同じように淀みが
発生します。
結果的には、
その方が非効率となります。

99%でもなく、
101%でもないのです。

真本音のしたいことは
多過ぎず、少な過ぎず、
100%実践することが、
人生の流れを
飛躍的にスムーズにします。

それが、
自分自身にとっての
最高のペースなのです。

もし、真本音で
「休もう」と思えば、
休むのです。
真剣に。

もし、真本音で
「今日はここまでにしよう」と思えば、
そこで終えるのです。
完全に。

例えば仕事であれば、
「今、何の仕事をすればよいか?」
もすべて真本音で
決めましょう。

効率性と創造性は、
何倍にも増大するでしょう。
そして、
その行き方とペースが、
とても気持ち良いのです。

・・・・・
今日の100%が何か?を
真本音で決めることは
気持ちの良いことです。

いや、そうは言っても、
真本音通りに決められないことも
ありますから・・・。

よくそう言われるのですが、
それは「思い込み」です。
私達は、
人生において、
日々の生活のあらゆる場面において、
真本音ですべてを決め
進むことができます。

例外はありません。

例外をつくっているのは、
そしてそれが無理だと結論づけているのは、
自分自身の反応本音に過ぎません。

私達の真本音は
あらゆる「現実」を受け入れ、
それを尊重しながらも、
最善の選択は何か?
という結論を出します。
必ず出します。

それが真本音です。

真本音とは、
私達の「わがままな気持ち」ではなく、
「自分の気持ち」と「現実」の
最善のコラボレーションを
見出してくれる
私達自身の意識です。

妥協点を探すのでは
ありません。
これが最善だ!と、
確信が生まれるのです。

確信が
真本音です。

スッキリした揺るがぬ答えが
真本音の答えです。

日常生活における
ほんの些細な行動にも
真本音は必ず作用します。

すべてに作用します。

・・・・・
真本音で
歯を磨いてみましょう。

真本音で
ごはんを食べてみましょう。

真本音で
トイレに入ってみましょう。

真本音で
お風呂に入ってみましょう。

真本音で
テレビを観てみましょう。

真本音で
趣味に向かってみましょう。

真本音で
あいさつをしてみましょう。

真本音で
仕事をしてみましょう。

真本音で
眠ってみましょう。

すべて簡単にできることです。
そして、
すべて気持ちの良いことです。

真本音で生きるとは
そういうことなのです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。