こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年05月29日

8次元の愛 195 〜真実を知る勇気

人生には様々なできごとが
ありますが、
そのすべてに意味はあり、
しかしそのすべての意味を
知ろう、
としてはなりません。

意味は
知ろうとするものではなく、
自然にわかる
ものです。

自然にわかるまで
何も解釈せず、
ただ、今この瞬間に
向かい続けることです。

そして
自然にわかった意味は、
宝物です。
それを自身の今のテーマとして
大切にしましょう。

・・・・・
人生のできごとに
貴賤はありません。
つまり、
このできごとは素晴らしく意味があり、
このできごとは大したことはない、
などの判断は必要ありません。
というよりも、
そういった判断こそが
本来の意味を見逃すことに
つながります。

自分が想いを込めて
行ない続けてきたことが
実は自己満足に過ぎなかったり、
自分が何も考えずにとった行動に
実は人生を左右する深い意味が
込められていたり・・・。

できごととは
現象です。
その現象そのものを
解釈しても
その奥にある真実は
観えてきません。

真実は
思いもよらぬところに
あるものですから。

・・・・・
意味とは
真実です。

真実とは
現象と真摯に向き合ってこそ
浮上するものです。
しかしそれには、
真実を受け止める
勇気が必要です。

その勇気は、
真本音で生きる人のみに
与えられるものです。

真本音で生きる人は
心が安定し、
安心し、
真実を観るだけの
心のゆとりを
常に持ち続けています。

勇気とは
ゆとりです。
そして
真のゆとりとは、
真剣に生きる人にのみ
与えられます。

・・・・・
本当のことを言いますと、
真実(意味)が先にあり、
その真実(意味)を知るために、
私達の真本音は
自らの行動を決め、
意図的に「できごと」を
起こします。

真実(意味)は最初から
私達の真本音が
よく知っているのです。

つまり
最初から自分が
知っているのです。

自分がよくわかっていることを、
自分の顕在意識が認識するために
私達は「できごと」を起こします。

すべてのできごとに
意味はあります。

そのできごとに
真摯に向き合うことで、
真実(意味)は
自然にわかります。

解釈ではなく、
ただ向き合うこと。

「とにかく私は今、
きちんと向き合おう。」

真剣にそう決めることで
私達の真本音は活性化し、
心のゆとりと勇気が生まれ、
真実(意味)を
知ることができます。

「とにかく私は今、
きちんと向き合おう。」

それが
真本音で生きる
基本です。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。