こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年07月05日

8次元の愛 203 〜波風を起こす勇気を

勇気を出すのが
人生です。

勇気の必要のない人生は
ありません。

私達は勇気を出すことで
道を拓きます。

道を拓くためには、
波風が必要です。

波風のない人生も
ありません。

私達は多くの場合、
波風を恐れますが、
波風を恐れるのは、
それ自体が人間の本能、というよりも、
恐れる波風をあえて起こす勇気を出し、
それにより自分自身を進化・成長させよう、
という私達の魂の意図によるものです。

その意図を
本能と言っても
何ら差し支えありません。

そして、
なぜ人は進化・成長を
求めるのか?
という問い自体が、
実はあまり本質をついていません。

なぜなら
進化・成長をするために
生まれた存在が人間だからです。

人間が先にあり、
進化・成長が後からついてきた
のではないのです。
進化・成長のために
人間という存在が生まれたのです。

ですから進化・成長は
人間の本能です。
その本能のために、
私達はあらゆることをします。

波風を恐れるように
自分の心を創ったのも、
その本能のためです。

・・・・・
本当の勇気を持つ人からは
愛のパワーが溢れます。

愛とはパワーであり力です。
それは、
人間が持つ最も深い
根本的な力です。

進化・成長を求める人間が
勇気を持って前に進もうとするとき
必ず発揮されるのが、
愛という力です。

本当に人を愛するというのは
勇気のいることです。
勇気から逃げる愛は、
本来の愛ではなく、
単なる自己満足です。

自己満足の愛は、
人と人が「一つ」になる方向ではなく、
「分離」する方向に作用します。
そこには、必要のない波風が
立ちます。
必要のない波風は、
混乱と混沌のみを残します。

逆に言えば、
本来の愛に基づいた波風であれば、
それは必ず「調和」を生み出します。

調和とは、
「分離しているが故の一つ」
です。
それは、
人間にしか生み出せないもの。
とてつもなく、
尊いものです。

・・・・・
今、目の前の現実を
よく観てみましょう。

そして、
最も観たくないものに
目を向けてみましょう。

最も観たくないものに
目を向けるとき、
今の自分には、どのような勇気が
必要か?
がわかります。

最も観たくないものに
目を背けているとき、
私達は知らず知らずのうちに
自己満足の日々に入っています。

人生とは、
勇気です。

勇気をもって
目を開きましょう。
勇気をもって
波風の立つ方へ
進みましょう。

そこに本当の勇気が
あるならば、
すべての波風は
愛を広げ、深めてくれます。

今の私達に必要なのは
勇気なのです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。