こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年07月18日

8次元の愛 205 〜最初からわかっています

私達が「一つ」であることを
思い出すためには、
今、私達がこうして「別個」であることを
完全に承認することが
大切です。

「別個」であることを
愛することができて初めて、
私達は「一つ」に戻れます。

ですから
「一つになろう」
とはしないことです。
「一つになろう」
という意図を持てば持つほど、
それは、
「一つもどき」
となります。

なぜなら私達は
そんな努力をしなくとも
最初から
「一つ」なのですから。

・・・・・
同様に、
「真本音で生きる」
ことと、
「反応本音を大切にする」
ことはイコールです。

真本音で生きよう
とするならば、
「真本音の自分になろう」
と意図し過ぎないことです。
それよりも、
「すべての反応本音を愛そう」
とすることです。

なぜなら私達には最初から
真本音がちゃんとあり、
それは機能しているからです。

すべての人に
最初から
自身の真本音の声は
聴こえています。

しかしそれを
反応本音達が妨害します。
なぜか?
反応本音達を
愛さないからです。
反応本音達を
無視するからです。

愛する、とは
肯定することではなく、
ただ、
その存在を認めることです。

あぁ自分には今、
このような反応本音が
あるんだなぁ、
とあるがままに
受け取ることです。

それが愛するということ。

それさえすれば、
反応本音達は
満たされます。
満たされれば、
真本音の声をかき消すようなことは
決してしません。

すべての反応本音と
真本音は、
もともと共存しているものです。

真本音という「核」があるからこそ、
反応本音達は活きるのです。
反応本音達は
それをよく
わかっています。

ですから
心の中にあるすべては
私達の味方です。

すべてを
大切にするのです。
すべてを
愛するのです。

それが
真本音で生きることです。

・・・・・
私達は
一つです。

私達は
別個です。

その両方を
大切にしましょう。

私達は
真本音です。

私達は
反応本音です。

その両方を
大切にしましょう。

これは良くて
これは悪い。
良いものだけを残して
悪いものは抹消する。

私達人類は
早くその次元から
抜け出る必要が
あります。

すべてをあるがままに
受け止めることができたとき、
私達は
新たな時代を拓きます。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。