こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年08月04日

8次元の愛 209 〜解放する人へ

抑えることのできる自分と
抑えることのできない自分。

その両方を
私達は持っています。

そして私達は
畏れてきました。

抑えることのできない自分を
観ることを。
抑えることのできない自分を
解放することを。

なぜ私達は
怖かったのか?

それは、
それを解放するだけの
準備が
整っていなかったからです。

自分自身の準備では
ありません。

世の中の
準備です。

私達はずっと待っていました。
世の中の準備が
整うのを。

そしてようやく
準備が整ったのが、
ほんのこの数日のことです。

長い長い
待ち時間でしたね。

しかしようやく
時は来ました。

抑えていたものを
解放しても大丈夫な
世の中になりましたよ。

やれやれ。

正直、私は
ホッとしています。

・・・・・
解放するやり方は
覚えていますか?

順序を間違えずに
いきましょう。

まず大切なのは、
抑えていた自分自身を
しっかりと「観る」ことです。

やっぱりそれが基本です。

これまで観なかったものを
観るのは
怖いかも知れませんが、
勇気をもって
観てしまいましょう。

するとそれが
どれだけあたたかいものであったか、
どれだけ可愛らしいものであったか、
よくわかります。

それがわかったら
まずは自分自身が
それを愛しましょう。

頬ずりをしましょう。
抱きしめましょう。

そして、慣れてきたら
それと「一つ」に
なりましょう。

もし、抑えていたものに
「殻」がある場合は、
無理にその殻を破ろうとは
しないことです。

大丈夫。
自然に破れます。

ただ、
「もう出て来ても大丈夫だよ」
と、
声を掛け続けてください。

そしてわずかでもそれが
出てきたら、
上記のように
少しずつ愛してください。

・・・・・
そこまで行けば
あとはもう思い出すでしょう。

どうすればよいか?を。

実は、解放とは
勢いのあるものでは
ありません。

噴火のようなものではなく、
それは、
伸びをするような
すがすがしさがあります。

ですから
伸びをすればよいのです。

そうすればもう、
本来の自分が
ニョキニョキと
その茎を伸ばし始めます。

あとは
大好きなお花を育てるように
自分自身を育んでください。

そのお花は
大きくなればはるほど、
周りの人達に影響を与え、
皆が幸せになります。

そしてそのお花は
隣の人のお花を
喚起します。

それは実に
楽しい日々です。

・・・・・
私達は自分自身を
危険だから
抑えていたわけでは
ありません。

時機を
待っていたのです。

それだけのこと。

そして
時機は来ました。

無事に来ました。

ということで、
どうぞ安心して
解放を楽しんでくださいね。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。