こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年08月19日

8次元の愛 215 〜待てばよい

何も答えが出ないときは
待てばよいのです。

私達は焦るあまりに
本当ではない答えを
自ら形成してしまいます。

たとえそれが
極めて「本当」に近い答え
だったとしても、
焦って出した答えには
必ずと言ってよいほど、
わずかでも淀みが起こります。

その淀みは
次の淀みを引き起こし、
結局のところ
後で、淀みの処理に時間を費やす
ことになります。

そう。

今の私達にとって
最も必要なのは、
ひょっとすると
「待つ」
ことかもしれませんね。

・・・・・
待てる人。
待てない人。

あなたはどちらですか?

恐らくどちらでも
ありますね。

待てるときと
待てないときがあるのだと
思います。

どれだけ「待とう」としても
どうしても待てなくなってしまう。
そしてついつい
動いてしまう。

それはそれで
よいではありませんか。

そのすべてが
真本音の意図だと
捉えればよいのです。

でも、
本当は待てるのに待たない
こともありますね。

そこは辛抱です。

答えは
必ず出ます。

答えが出ないことは
断じてありません。

答えが出るまでは
待つのです。

自分をよく観て
現実をよく観て
ただ待つのです。

目は逸らしては
いけません。

しっかりとすべてを
観続けるという姿勢は
いつも変わりません。

その上で、
ただ待つのです。

・・・・・
本当の答えが
見つかったとき、
待てる人は、
多くの場合、
自然に体が動いて
いるでしょう。

「動こう」と思う前に
動いてしまうくらいに
それは「確信」なのです。

それが
本当の答えです。

あとは、
動いている自分自身に
委ねてしまいましょう。
自分はきちんと
創るべき道を
創ってくれます。

動いているのに
心は静か。
動いているのに
心は中心から
まったくずれることはない。
それが
本当の答えに向かっている
私達の自然体です。

その状態で
いつもいるためには、
「その状態を創る」
のではなく、
「その状態になるまで待つ」
のです。

待てば
そのときは必ずきます。

そして私達はいつしか
自然に扉を
くぐり抜けているのでしょう。

そのときを
待ちましょう。
真の答えを
待ちましょう。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。