こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年10月31日

8次元の愛 223 〜勇気と決断のとき

私はこれがなければ
生きていけない。

そういった大切なものを
誰もが持っています。

これがなければ
私が私でなくなってしまう。

誰もがそういった
守るものを持っています。

すると、
「それ」が自分であると
思い込みます。

「その人生」が
自分の人生であると
思い込みます。

それを
手放すのです。

手放すときが
来ました。

それが
今、です。

・・・・・
自分の最も大切なものを
手放す。

人生で最も大切なものを
手放す。

そんなことは
できるはずがない。

誰もがそう思います。

そんな人生は
いやだ。

誰もがそう思います。

手放すなんて
ひどい。

誰もが必ず
そう思います。

しかし「それ」を
手放すときが
来ました。

それが
今、です。

・・・・・
怖い。

手放すのが
怖い。

ひどい。

手放すなんて
ひどい。

それは
人の道ではない。

それは
冷酷非道だ。

その通りです。

しかし
それでも
手放すときが
来たのです。

それでも私達は
「それ」を
手放さなければ
ならないのです。

手放すことで初めて、
この先の道が
現れるのです。

手放さないことで
道は消え、
私達は永遠に
ここに停滞することに
なります。

いえ、
永遠の停滞は
ありません。
永遠の停滞とは
自分自身の消去
に他ありません。

私達の真本音は
今、
深く望んでいます。

「それ」を
手放すことを。

ここが人生における
最大の勇気です。

勇気を奮うときです

手放すことが最善であることは
誰よりも
自分自身が一番よく
わかっているのでは
ありませんか?

・・・・・
手放すことができた人は
幸いです。

手放すことで
その人は初めて
知るでしょう。

自分が本当は
何者であったか?

自分は本当は
何のために生まれてきたか?

自分は本当は
何をしたかったか?

手放なさいうちは
決して
その答えには
行き尽きません。

この世界は、
この3次元の世界は
手放さない者には
何も与えてはくれないのですから。

そして
きちんと「それ」を手放した者には
最高の道を
プレゼントしてくれます。

もちろんそのプレゼントとは
自分が自分自身に与える
最高最大の
恩恵です。

・・・・・
「それ」を手放すのは
真本音だろうか?
反応本音だろうか?

もはやその問いは
必要ありません。

今、
まさに今、
心に想い浮かんでいる「それ」を
手放すことが
真本音の選択です。

怖いですか?

悲しいですか?

誰もがそうです。

しかし誰もが今は
その
勇気を奮うときです。

なぜならそれが
真本音の時代への
扉を開くからです。

私達はそろそろ、
本当にもうそろそろ
先に進もうでは
ありませんか。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。