こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年02月02日

8次元の愛 228 〜解釈からの解放へ

真本音の流れが強まった今、
私達にとって特に重要なのは
これまでの経験による
「解釈」
を手放すことです。

人生経験は
解釈を生みます。

人生経験の豊富な人ほど
解釈が多くなります。

そして様々な視点から
様々な解釈のできる人が
これまでは
「できる人」
でした。

しかしそれは
反応本音の時代でこそ活きる
一つの特徴でした。

もう時代は変わります。

これからは
経験による解釈から
いかに抜け出るか?

いかに日々、
解釈を手放せるか?

そここそが
重要です。

・・・・・
とは言え、
人間とは解釈の生き物
です。

解釈を手放すことは
できるのでしょうか?

解釈とはある意味
人間の知恵であり、
その解釈があるが故に
文明は発達してきました。

しかしあえて
申し上げます。

これまでの文明の発達とは
あくまでも反応本音の時代における
発達であり、
それは私達の魂が進化する方向とは
逆行している流れでした。

しかし、
そういった逆行をとことん
やり尽くしたからこそ、
今の人類の根底での気づきがあり、
そのおかげで
私達は真本音の流れを
取り戻しました。

ですからすべては
必然の流れです。

だからこそ私達は
流れが変わったことを
認識し、
時代が変わることを
認識し、
本来の在り方に戻る必要が
あります。

その大転換の最初が
この2013年です。

そしてその第一歩が
解釈を手放すという
ことです。

これまでの時代では
人間は解釈する生き物
でした。

しかし本来の人間の持つ
最も深く強い本能は

「あるがままを感じたい」

なのです。

この世界は
現象の世界ですが、
その現象を生み出す
「実在」
がすべての物事の根底に
あります。

実在そのものを
あるがままに感じ取ることが
私達人間の
真の幸福です。

それが、
私達の真本音が
望んでいることです。

・・・・・
「実在」を感じるためには
まずは
あらゆる「現象」と
あるがままに向き合う
ことです。

これまでのクセによって
解釈することは
あるでしょう。
それはクセですから
しょうがありません。

ですから
解釈もOKだ
ということで最初は
いきましょう。

解釈もOKという風にすれば
逆に
今自分が何をどう解釈しているか?
がありありと観えてくると思います。
それをまた
あるがままに観て
感じるとよいでしょう。

そうです。つまりは、
自分自身の解釈そのものを
一つの現象として捉え、
それ自体を
あるがままに感じ取るのです。

すると、
いかに解釈が自分自身を
苦しめていたか?
ということに
気づけます。

私達人間の人生の苦しみの
源泉の一つは
解釈なのです。

解釈することで
私達は心の苦しみを
生じさせているのです。
そして、
解釈を手放すことで
いえ、
解釈そのものも
あるがままに感じることで
ほとんどすべての苦しみから
抜け出ることができます。

それこそを
私達の真本音は望んでおり、
その方向に行くことが
魂の成長です。

魂の成長とは
楽な方向に向かう成長です。
解釈が増える生き方とは
苦しみの方向に向かいます。

私達はこれから
本来の人間としての
生き方を探究し、
本来の自分を
取り戻す旅をします。

それがこれからの
人生です。
2013年からの
人生です。

これまでの価値観を
それこそガラッと大きく
変えていきましょう。

いえ、それは
「変える」のではなく、
「もともとのものに戻す」
「本来を思い出す」
ということに
他ならないのです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。