こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年02月24日

8次元の愛 231 〜音楽の力

私は音楽が好きですが、
なぜ好きかと言いますと
音楽は見えないからです。

音楽は、
そのものを感じ取ることが
できるからです。

そして感じたものを
自ら映像化することも
できます。

感じたものをどう捉え、
さらにそこから何を感じるか?
そこに「自由」が
あるからです。

すべて(宇宙)の始まりは
音楽だった。

という説をどこかで
聞いたことがありますが、
個人的には
結構その説、好きです。

・・・・・
私達は目で見て、
耳で聞いて、
体で感じながら
生きています。

しかしそれらはすべて
「現象」
です。
つまりは、
「実在」
の結果(反映)です。

私達は「現象」をすべてである、
と思い込みながら
これまで生きてきました。

「現象」をどう捉え、
どのように次の「現象」を
生み出せば幸せになれるか?
そんなことばかりを
してきたように思います。

しかし時代は
変わります。
これからは、
「現象」を創り出している
「実在」を
いかにあるがままに
感じ取ることができるか?
それがすべての始まりです。

そしてその練習をするのに
最も適しているものが
音楽であると
私は思います。

・・・・・
音楽を聴くとき、
私達は耳でそれを捉えます。
そして体で何かを感じたり、
時には自分の中で
感じたものを映像化します。

そして(その時々ですが)
感動を覚えます。

それは、
「現象」レベルの感動です。

お勧めは、
そこからもう一歩奥に
行ってみることです。

耳と体と目で反応していることを
まずはあるがままに感じ取ります。
そしてそのまま、
すべてを開放してみてください。
つまりは、
すべてを手放すのです。

パァーっと
すべてを体全体から解き放つ
ような感じです。

そしてただただ
流れてくる音に
身を委ねます。
心を委ねます。
魂を委ねます。

するとどうでしょうか?

そこに「何か」の存在を
感じませんか?

それが
「実在」
です。

その音楽を形作っている
「実在」です。

ただしその「実在」とは
居心地の良いものとは
限りません。

その音楽を創った人の
魂の状態がそのまま
反映されているからです。

ですから様々なジャンルの
様々な音楽で
試してみてください。

そして今の自分にとって
最も居心地の良いものを選び、
それを聴きながら、
「実在」を感じ取る練習を
してみてください。

ある時ある瞬間
「現象レベルの感動」ではなく、
「実在レベルの感動」と
出会えるかも知れません。

・・・・・
よくよく考えてみますと、
私の「実在」を捉える力を
なぜ伸ばすことができたか?
というと、
私が音楽をよく聴くから
という実に単純な理由に
思い当たりました。

目に見えるものではなく、
見えないけれども
五感を使うことができるもの。
それが音楽であり、
それはとても面白い存在です。

世の中に
良い音楽が満ち溢れるとよいなぁ、
と思います。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。