こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年03月07日

8次元の愛 237 〜真本音の問い その1

難しそうなテーマに
向かうよりも、
シンプルなテーマにこそ
本質につながる
深みがあります。

シンプルなテーマは
シンプル過ぎて
忘れてしまうことが
多々ありますが、
これからはいつも
シンプルなテーマに基づく
シンプルな問いを
自分自身に投げ続けることを
お勧めします。

真本音が浮上したり、
真本音が開花しやすい
問いがあります。

今回はそれらをいくつか
ご紹介しましょう。

・・・・・
一つ目の問い。
それは、

「私は、誰?」

です。

自分自身に
この問いを投げ続ければ
様々な答えが
浮かぶでしょう。
しかし、
自分から浮かび上がる
すべての答えを
出し切ってからこそが
本番です。

自分がわかっている答え
ではない、
その奥にある答えを
見つけましょう。

しかもそれは
一個や二個では
ありません。

数え切れないくらいの
答えが出ます。

それらすべてを
出し切ってみましょう。

できれば
全部を紙に書いてみて
ください。

・・・・・
二つ目の問いです。

「私は今、どこにいる?」

一見すると
意味がわからないかも
知れません。

しかしやはり同じように
浮上する答えを
すべて出してからが
本番です。

もうこれ以上
答えは出ないよ。
と思ってからが
本番です。

もうこれ以上
答えは出ないよ。
と思った時点でだいたい、
自分の持っている答えの
1%が浮上したくらいだと
思ってください。
そのくらい、
私達の中には
無限とも言える
あらゆる答えが
用意されているのです。

・・・・・
今回はもう一つ
いきましょう。
三つ目の問いです。

「ここで、
 何して遊びたい?」

何も解釈せず、
ただただ自分の魂に向けるつもりで
問い続けてみてください。

あぁこの答えいいな!
と思う答えが出たとしても
それで満足しないで
ください。

これが反応本音の答えで
これが真本音の答えで、・・・
というような解釈や評価も
無用です。

ただただ
一つでも多くの答えを
見つけようとしてください。

それをひたすらに続ければ、
真本音レベルの「何か」が
起こるはずです。

とりあえず今回は
ここまでとします。

楽しんでくださいね。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。