こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年04月05日

8次元の愛 245 〜喜びを喜びとして

私達には
夢があります。

それに気づいているかどうか
は別として、
必ず夢を持っています。

その夢は常に
心と魂の中心にあり、
それがあるからこそ
私達は安定して
ここに存在することが
できます。

夢は人それぞれ
個性的ですが、
すべての人の夢は
完全に調和しています。

自分が心の中心に抱く
その夢が
周りのあらゆる人達の夢と
調和している
という安心感が
私達を安定させてくれます。

自分を大切にする
とは、
その夢を大切にする
ということでもあり、
その夢を大切にすることで
私達は生きる実感を得、
自分で自分を大切にする
ということが
完全に叶います。

・・・・・
残念ながら
自分で自分を大切にしない
という人が
増え過ぎてしまいました。

それは特に、
自分は自分を大切にしている

言い張る人にこそ多いです。

そしてまた、
自分よりも他人を大切にする

言い張る人にも多いです。

自分を大切にする
のと
人を大切にする
のは
まったくイコールです。

自分を大切にできる人には
人を大切にする力があります。

自己犠牲をしながら
人を大切にしようとする人
の多くは
自分の知らないところで
人を傷つけ続けています。

つまりは、
自分の幸せの大きさと
人を幸せにする力の大きさは
比例します。

人を幸せにしたいのであれば
まずは
自分を幸せにすることです。

それはもちろん、
反応本音レベルの幸せではなく
真の幸せを
自分自身に与えることです。

真本音レベルの幸せ。

そのために必須なのが、
自分の抱いている夢を
愛するということです。

・・・・・
その夢は
永遠に続く
果てしないものですが、
しかし私達は
その夢を
日々、無意識に
実現し続けています。

夢が実現すると
その瞬間、
私達は魂の喜びを
感じます。

その喜びを
感じている自分を
感じていただきたいのです。

自分が
喜んでいることに
その瞬間に
気づいていただきたいのです。

私達はいつの間にか
そういった喜びに
無頓着になり過ぎました。
それが
私達の心の枯渇の
根本原因です。

すでにここに
喜びがあるのに、
それに気づかなくなった
私達がいます。

勿体ないことです。

魂の喜びを
最も望んでいるのは
私達自身なのに。
その肝心の
魂にフタをしています。

もっと
自分に素直に
なりましょう。

喜びは
感じればよいのです。

それが
人間ではありませんか。
もともとの
私達ではありませんか。

・・・・・
2013年2月4日。

この世から
魂のドラッグが
消え去りました。

魂のドラッグとは
何か?

それは、
魂の痛みを麻痺させ
偽りの気持ち良さを
喚起させる「もと」
と言えるものです。

それが
私達の心の中から
消え去りました。

それは誰もが
持ち合わせていたものですが、
それは
反応本音の時代の
産物でした。

しかし
真本音の時代を迎えるにあたり、
私達はそれを
手放したのです。

それが2月4日。

そしてそれにより
痛みを麻痺させるものが
なくなり、
結果として
痛いものは痛い、
苦しいものは苦しい、
と当たり前のことを当たり前に
感じ取れる私達に
なれたのです。

その影響で、
以前よりも心の痛みや
苦しみを
感じやすくなっている人が
増えています。

しかしそれは
痛みを感じ取れるだけ
健康になれた
という証です。

と同時に、
これまで麻痺していた
魂の喜びも
私達はすでに感じ取れる
私達となれています。

だからこそ、
今だからこそ、
自分自身に問いましょう。

私の夢は何だろうか?

本当の夢は
何だろうか?

私は、
心と魂の中心に
どんな夢を抱きながら
生きているのだろうか?

・・・と。
私達は真本音の時代に向かって
着実に
進んでいます。

苦しみや痛みから
逃げずに、
喜びを無視せずに
人間らしく行くのは
これからです。

やっと今が
スタートなのです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。