こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年04月30日

8次元の愛 252 〜厳しくも優しい時代

真本音の時代とは
ある意味
厳しい時代です。

これまで
誤魔化してきたことや
いい加減に済ませてきたことや
逃避してきたこと
フタをしてきたことなどが、
どんどん表面化します。

これまでの生き方で
淀みのあった部分が
どんどん表面化します。

これまでは
それでも何となく
それらをやり過ごすことは
できていました。

誤魔化したままで
放置することが
できていました。

しかしこれからは
できなくなります。

表面化した淀みに対して
逃げようとすれば
さらに激しい表面化が
起こります。

しかし
そこに立ち向かえば
道はどんどん
開かれます。

その結果の現れ方が
これまでの比ではないくらい
はっきり明確となり、
そして
速くなります。

パンパンパンと
スピーディーに
事が進みます。

そういった潮流は
すでにできあがっていますので、
今現在では
物事の展開の仕方に
戸惑っている人が
かなり増えています。

これまでの安定は
なくなったのです。

・・・・・
反応本音のみで
生きていても
上手くやれた時代は
すでに
終わりを迎えようと
しています。

これからは
上手くやろうとしても
上手くはできません。

これからは
一つ一つの物事に
真摯に向き合うことが
最も大切です。

すべては必然的に
起きています。
すべては
自分自身が起こしています。
その事実を
受け止めることです。

それを
私達の真本音は
望んでおり、
真本音の望む通りに
進むことが
これからの時代における
真の安定を
醸成します。

・・・・・
嘆く時間があったら
目をしっかりと
見開きましょう。

今起きている現実を
つぶさに
観察しましょう。

私という存在は
確かに今
ここにいます。

私という存在は
確かにここに
生きています。

そして
私が動くことで
波が起こります。

波を起こさなければ
何も変わりません。

ならば、
現実に変化をもたらすために
自ら波を起こすことです。

どんな波を起こすかを
真本音で
決めることです。

いえ。

私達の真本音はもう
それを決めています。

自らが決めていることに
気づくことです。

気づくためには
現実をよく
観ることです。

現実と向き合えば
自らの本心が
わかります。

・・・・・
もう
逃げないでください。

逃げてもそこには
何もありません。

逃げても逃げても
私達自身が
私達を責め続けます。

逃げることを
一番嫌っているのは
私達自身だからです。

そして
もう逃げられなくなるまで
私達は自ら
厳しい現実を
自分自身に
与え続けます。

すべて
自分が
行なっていることです。

誰のせいでも
ありません。

私達は
立ち向かう生き物です。

向き合うために
生きています。

向き合えば
開くのです。

それが私達人間の
ルールです。
原理です。

そのように創られた
私達自身を
思い出しましょう。

さきほど
真本音の時代は厳しい
と書きましたが、
本当は
こんなにも優しい(易しい)
時代はありません。

なぜなら
立ち向かい
向き合う人には
必ず道が開くから。

これまでは
そうとは限りませんでした。

ですから
これまでの時代が
異常でした。
ようやく、
正常な時代、
自然な時代、
幸せな時代です。

正常に時代に向けて
自らを
正常に
戻しましょう。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。