こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年02月14日

心の地図

心の地図というのは、心の中の地図のことです。
人はその人なりの心の地図を持っています。
コーチングを受けられると多くの方が驚かれるのですが、自分の中には自分の知らなかったいろんな自分がいます。
よく潜在意識とか無意識、と言いますが、自分が把握している自分は、恐らく10分の1にも満たないでしょう。

人はなぜ、自分で自分を把握することができないのでしょう?
なぜ、意識と無意識、顕在意識と潜在意識、などというものが存在するのでしょう?
これは私個人の考えですが、私はそこに必然性と意義を感じます。
自分の知らない自分があるからこそ人間であり、自分をコントロールできないからこそ人間であり、そこに人としての存在意義と尊さがあると思っています。

私は以前、コーチングと出会う前は経営塾の講師をさせていただいておりました。
その当時の私は、「あの人は何もわかっていない」「あの人は未熟だ」「あの人にはもっと修行が必要だ」
・・・などと、今から思えば「お前こそが何もわかっとらんだろうが!」と喝を入れたくなるほど生意気な見方をしていました。
完全に上からものを見ていました。
そのような自分がとても恥ずかしいのですが、いや、それも人間だな、とも思います。
そういった経験があったからこそ、その後の挫折があり、本当は何が大切か、ということを知ることができたのだと、一応、自分を慰めておきましょう。

人は皆、間違いなく未熟です。
いや、未熟だからこそ、人です。
そこに尊さがあります。私はそう思います。

何度も同じ失敗を繰り返します。
何度も同じところで、道を見失います。
何度も同じパターンで転びます。
なんたる、愚か者。
それが私であり、人なんでしょうね。
何度も言いますが、だからこそそこに私は尊さを感じます。

う〜む。今日は強気の自分にもどったと思ったのですが、どうやら未だに自分で自分を励ましているようです。



posted by はーん at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分を自分で励ませるとは何とプロアクティブなのでしょうか。多くの人は励まされ褒められることをを待地続けて居ます。殆どがリアクティブな心の部分が顕在意識に上がって居ます。潜在にある自分が顕在の自分を励ますのでしょうか。それとも顕在の自分が潜在の心に呼びかけて励ますのでしょうか
Posted by 忘己利他 at 2010年02月05日 06:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。