こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年02月16日

今、この瞬間

「心が自由になるとは、どういうことか?」
このブログを書き始めてから無意識のうちに、ずっとこのテーマでここまで来たような気がします。
この質問にはきっと、様々な答えがあるでしょう。
今、私がこの質問を受けたとすれば、今の私はこう答えます。
「それは、今、この瞬間にいること。」
・・・じゃないかな。

私達の心はすぐに旅に出ます。
何かを回想したり、何かを想像したり、何かの思惑を練ったり、何かの不安に囚われたり、・・・。
それにより、心の内へ内へと入り込んでいきます。
私なんかはその傾向がすごく多く、目の前に人がいるにも関わらず、大きな声で呼ばれるまで気づかない時さえあります。
そんな時は、私達の心は「今、この瞬間」にいません。

「今、この瞬間にいる」とは、意識の矢印がまさしく「今、この瞬間」にあること。
今の目の前(つまり外の世界の目の前ですが)にあることです。
するとありのままに目の前の現実と向き合うことができます。
意識が内にあるから、私達は私達自身の心のフィルターをつくってしまい、物事をありのままに観ることができなくなります。
目の前の人が「アーー」と言っているのに、勝手に「イーー」と変換してしまいます。
目の前の人を観ているつもりで、実は自分の心を見ており、しかも自分自身はその行為に気づかないから、結局のところ、その自分の心(見方)に囚われてしまいます。
自分の見方に囚われながら発想する。=自分を自分で不自由にしている、ということですね。
ということは、自分の心によって、自分の心の自由を奪っているということです。
人は変なことをしますよね。

目の前の人をありのままに観てみる。
目の前の現実をありのままに観てみる。
意識を外に出してみる。ただ、観てみる。
するとどうなるでしょう?
私なんかは、「あれ?世の中って、こんなにもクリアだったっけ?」とビックリしました。

今、この瞬間にい続けることができれば、すべての現実とありのままに向き合うことができ、その時に初めて、ありのままの自分の気持ちを感じることができるようになります。
それが、心を自由にするための第一歩ではないでしょうか。


posted by はーん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。