こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年03月09日

SCCコーチング講座2006春期夜コース終了!

先週の土曜日(3月3日)、SCCコーチング講座2006年春期夜コースが、全30回に渡る講座の最終回を迎えました。
・・・ということを、ブログに書かなかったので、今日、その受講生さんから
「なんで、書かないのよ! 寂しいじゃないのよ!」
とお叱りを受けました。
今日は2006年秋期夜コースの授業だったのですが、その授業に春期夜コースの受講生さんが、再受講で二人ほど参加されていたんですね。
で、そこにいた全受講生さんから「この薄情もん!」を惨々なブーイングのシャワーをいただきましたわけでございます。
そーよ、わたしゃ、ハクジョウモンよ!
・・・と開き直りたいのをグッとこらえて、しょうがないので(ウソです)、講座のことをちょっと書くことにします。

2006年春期夜コースはですねぇ、・・・いやぁ、たのしかった!
ホント、たのしかった。
だって、みんな個性が凄く豊かで、動物園みたいなんですもん。
前に立って、全体を見てますとね、様々な動物が・・・、うっ、やばっ。
いや、前に立って、全体を見てますとね、様々な魅力的な方々が・・・、これもちょっとつらい。
いや、前に立って、全体を見てますとね、様々な表情が(これくらいがいいかな)、いつもありましてね、それがまた毎回変化が激しくて面白かったです。
それに皆さん、どんどん力をつけていかれるでしょ。
やっぱり、最初の大きな変化は「願いのもと」を掘り出す個人セッションあたりからかな。
あの辺から、何かが動き始めましたよね。

ソーシャル・ステージに入ってからは、ホントに皆さん真面目に、そして必死の形相(笑)でコーチングの練習をされてましたね。
とにかくいつも活気を感じました。
皆さんなりの場の空気ができあがってましたね。
居心地がよかったですね。
そして皆さんのコーチとしての成長ぶりは爽快ですらありました。

オカ、えいちゃん、かえで、としちゃん、まつ、ヴリル、そして再受講のあっちゃん、

「あんたら、気持ちええよ〜〜〜〜っ!!」

・・・って、感じでしょうか。



「あの授業の最後はハーンにもっとたくさんメッセージを喋ってもらいたかった」という声もありましたが、もう私がお伝えしたいことはほとんど、講座の過程でお伝え尽くしました。
それにね、今にも泣きそうだったのよ!
私ね、自慢じゃないけど、泣くと、声上げるからね。もうやだ〜(悲しい顔)
それで喋れなくなっちゃったの。
結構、かわいいでしょ。わーい(嬉しい顔)

「授業の最後に一人ひとりにメッセージがほしかった」という声もありましたので、
このブログの最後は、お一人ずつにメッセージを。

オカへ。
オカの目は女神様の微笑みだぜ! イエ〜ィ!

えいちゃんへ
えいちゃんの真ん中には太陽のようなひまわりが咲いているんよ。知ってた?

かえでへ
かえではね、すみちゃん2世よ。お〜、こわっ。

としちゃんへ
としちゃんの中に、凛として温かいダイヤモンドの輝きを観ましたよ。

まつへ
まつは、樹齢1万年の巨大松だね。台風にもビクともしない。

ヴリルへ
いよっ! さすらいの探究者! ヴリルは宇宙をさすらう風のようね。

あっちゃんへ
きてます。きてます。・・・ホントにきてます。

最後に、楽しい仲間達へ。
一年間、本当にありがとうございました。
皆さんにとても感謝です。
これからも、共に学び続けようね。



posted by はーん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。