こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年03月10日

SCCコーチ仲間の集い2007開催

「コーチ仲間の集い」無事に終わりました。
今回が3回目。
確か第1回の2年前は12,3名の参加だったと思います。
で、第2回は22,3名で今回は28名でした。
病欠の方がお二人いたので、本当なら30名でしたね。
それに、小玉さんを入れて31名か。
随分と仲間が増えたなぁ、とちょっとばかり感慨にふけっていました。
そして、みんな個性がつえーなぁ、と。

そうそう、今日お話をしていただいた「ゆうさん」のことをちょっとだけ書きましょう。
ゆうさんには、東京方面のSCCの営業やコーディネイターを全部お任せしています。

そのうちこのブログでも彼や彼の会社のことを詳しく紹介しますが、とりあえずちょっとだけ。

ゆうさんはねぇ、すごいんだよ。
何がすごいって、あの人の周り、すごい人脈なの。
ゆうさんの人脈を一堂に集めて一致団結すれば、大袈裟ではなく、日本をコロッと変えることができるんじゃないかな。
ゆうさんのすごいところは、そういった力を持った人達がみんな、ゆうさんのことを好きになっちゃうところです。普通なら一匹狼的でとっつきにくい人でも、ゆうさんにはすぐに心を開いてしまうんですよ、これが。

そして、さらにすごいところは、ゆうさんの努力のすごさです。
今日見せてもらってビックリしたんですけど、コーチング講座でお配りする「質問力向上シート」や「コーチングの基本シート」や、それにすみちゃんのメルマガの文章などを全部縮小コピーして手帳に貼っ付けてんの。
で、それ、毎朝声を出して読むんだって。
毎朝だよ。毎朝。
しかも5時に起きて。
いやぁ、ゆうさんのコーチングのレベルはみるみる高くなったんだけど、そういう努力があってこそのものなんですね。
天性と努力の人。それがゆうさんです。
天性があることに甘えずに、さらにさらに努力を重ねる人。それがゆうさんです。
私も見習おう。

「コーチ仲間の集い」は、さすがに皆さん、コーチを目指しているだけあって、盛り上がってましたね。
今日初めてお会いして盛り上がった方々も多かったようです。
30人いれば30通りの個性のコーチングが存在します。
それぞれの方々が自分自身の個性を活かしたコーチになっていただくのを、ホントに心からお祈りしています。

皆さん、今後も共に学ぼうね。


posted by はーん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。