こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年03月12日

SCCコーチング講座 東京第2期修了!

昨日、SCCコーチング講座の東京第2期が全日程を終了しました。
今回は名古屋のコースでの反省を生かし、講座の最後にお一人ずつにメッセージをお伝えしました。
・・・って、ほら、やっぱり泣いちゃったでしょ。もうやだ〜(悲しい顔)
ダメなんだってば、オレ、こういうの弱いから。

東京のメンバーも頑張りましたよ。
皆さん、仕事の大変お忙しい方ばかりなんだけど、全員皆勤賞ですからね。
特にたなちゃん、あなたは変態!・・・じゃない、偉い!
なんと彼は、お仕事で休みもままならない上に、岐阜から通い続けたんですよ。
岐阜よ岐阜!

なぜ名古屋のコースに出ずにわざわざ東京かと言いますと、東京は日曜日2講座ずつ開催してましたから、お仕事の関係上、どうしてもそのようにしか出れなかったんですって。
窮々の中でも、それでもなんとかしようと思い、実行しちゃうところがすごい!
しかも最近彼は足を怪我されて、手術をするために会社を休んで入院されたようですけど、「これはチャンスだ」と言って、その隙に名古屋のSCC倶楽部にも参加するようになったんですよ。
あんた、ちゃんと病院で休んでなさいよ!
・・・と言いたいのですけど、彼のコーチングを学ぶことへの情熱には本当に頭が下がります。

もちろん、たなちゃんだけでなく、他のメンバーもすごい情熱だったですよ。
だいたい、宿題の確認だけで1時間半は時間を取られてましたからね。どんどん質問が出て、そこからどんどん話が広がって、深くなって。
予想外の展開が当たり前の講座でした。
講座というよりも、グループコーチングでしたね。
名古屋の講座と違い、全員男性でしたので、いつも熱気ムンムン。
暑苦しいったらありゃしない(失礼)。
時々すみちゃんが顔を見せると、ちょっとホッとしたりして。
名古屋では到底考えられません。
でも、男同士のこの講座も乙なもんでしたね。

最後の最後は私一人が泣いちゃったんですけど、他の受講生さんはみんなあっけらかんとしたもので、
「達成感はありますけど、まだこれからがスタートですからね。当然、第3期も出ますから。まだ始まったばかりですよ」だって。
うれしいねぇ。

講座の後はみんなで打ち上げして、牛タン食って、ここでも大いに盛り上がりました。
スタン、たなちゃん、ゆうさん、Poohee、ぐっさん。
皆さん、これからもよろしくね。


posted by はーん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。