こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年06月11日

8次元の愛 264 〜わからないまま進めばいい

すべての人には
素晴らしい部分と
愚かな部分が
共存しています。

どちらかを
消すのではなく
どちらともを
いつも見つめる眼差しが
私達には必要です。

面白いことに
自分自身の素晴らしさに
目を瞑っている人も
多いです。

側から観ていると
とても素晴らしいところを
お持ちなのに、
それを観ようとしない。
それを認めようとしない。
そんな人は
実に多いです。

しかしそれは
謙虚とは
言いません。

それは
自己欺瞞です。

それは
傲慢です。

自分の素晴らしさを
あるがままに
見つめることのできない人は、
自分以外の人の
素晴らしさを
見つめることも
できません。

私は
ここが
素晴らしいです。

と、
何の躊躇もなく
何の力みもなく
表明できる人に、
私はとても
潔さを感じます。

そしてそのように
潔い人ほど、
自分の本当の
愚かなところを
見つめる勇気を
持ち合わせています。

・・・・・
自分を
過小評価する必要も
過大評価する必要も
ありません。

自分は
自分です。

ただそれだけ。

そして、
「私にはまだ
〜〜の力がないから
○○はできない。」
という諦めも
あり得ません。

「〜〜の力のない
私だからこそ
 できることがある。」
というのが
真理です。

何かがあるから良くて
何かがないから悪い
ということは
実在の視点から観れば
いっさい
あり得ないのです。

なぜなら
すべてが必然であり
最善だからです。

今、自分に
その力がないのは
それが
最善だからです。

そんな自分にしか
できないことが
あります。
今ここでしか
できないことが
あります。

それを見つけることが
私達のすべきこと。
真本音が
望んでいることです。

・・・・・
素晴らしさと
愚かさ。
それらはどちらも
解釈です。

今の私達に
自分で自分を
解釈している
暇はありません。

それよりも
次の一歩を
「本気」で
決めることです。

決めたら、
進むことです。

今。

今だからこそ
できることが
あるはずです。

それを
するのです。

それだけです。

・・・・・
実在レベルでは
反応本音の時代から
真本音の時代への
大変な移行が
ほぼ完了しようと
しています。

そのペースは
極めて速いものでしたが、
現象レベルの私達も
それについて行きましょう。

止まって考える時間があれば、
その分
一歩を踏み出してください。

止まっていても
何も観えてきません。
答えは「ここ」には
ないからです。

わからないことは
進まなければ
わかりません。

進んだ先にこそ
本当の答えが
存在しています。

考えてから
動くのではなく、
動きながら
既にそこにある答えを
一つずつ拾って
いきましょう。

私達の準備は
もう
整っています。

あとは
動くだけです。

「本気」で
動くだけです。

つづく



この記事へのコメント
大丈夫です。
何をするのかも、いつまでにするのかもわかりました

今 せっせと手放しています

思い出したくないこともたくさんありました。

それは、私の根底だと思っていたのですが、
それすらも反応本音でした

私は、自分の道を自分で選んで歩んでます

りきゅうの茶室です

あと少し

そうしたら、力のある人が動いてくれるでしょう

私は、私のできることをするだけです、
Posted by 琴絵 at 2013年06月12日 17:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。