こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年06月12日

8次元の愛 265 〜小さくても深く

人、人、人、・・・。

「人」が
溢れかえっています。

私達は
人として生きることに
慣れているつもりに
なっていますが、
実はまだまだ
不慣れです。

人とは本来
どういうものか。
人とは本来
どう生きればよいのか。
人とは本来
何を目指すのか。

それらの答えの
一つとして
明確でないままに
ここまで
来てしまいました。

そういった問いと
向き合うチャンスは
これまでいくらでも
あったのですが、
その度に私達は
向き合っているフリを
してきました。

私達は
それらの問いから
逃げ続けてきた
と言ってもよいでしょう。

そして
逃げることに
疲れ果てたのが
今なのでしょう。

今、
これまで
逃げてきたものに
立ち向かおうという
意志を
多くの人達が
持ち始めています。

とても喜ばしいこと
であるのと同時に
最後とも言える
このチャンスを
大切にしたいものです。

・・・・・
逃げる癖の
ついている人は
どこまでも
逃げ続けます。

それは見事なくらいに
逃げ続けます。

もう
追いかけても
しょうがないかな、

諦めさせる名人
です。

でもそれは
反応本音の時代において
機能したもの。
これからは
もうその手は
使えません。

なぜなら
それを使っている
本人のストレスと
苦しさが
半端じゃなくなるから
です。

・・・・・
私達の真本音が
最も元気を失うのは
逃げること
によってです。

立ち向かうことから
逃げることで
真本音は
パワーを落とします。

いえ。
正確に言えば
真本音そのもののパワーは
落ちることはありませんが、
真本音は自分自身に
パワーを送ることを
意図的に
止めてしまいます。

パワーを失うことで
この現実世界での
生きる力も失われ、
そうなるともう
どの道に行こうとしても
ちょっとした壁によって
挫折を繰り返します。

パワーが出ない
ということは
私は今、逃げているよ
という合図です。

真本音からの
メッセージです。

・・・・・
人、人、人、・・・。

人が
溢れかえっています。

その中で
多くの人達が
逃げまどっています。

真本音の時代を
前にした今なのに、
逃げることに
真剣です。

その人達は
苦しんでいます。
でも、
どれだけ助けようとしても
その人達は
助けるための手からも
逃げ続けています。

人はなぜ
こうも
逃げ続けるのでしょう?
その真剣さを
立ち向かう方向に
向けるだけなのに。

・・・・・
人が人を助ける、
なんてことは
傲慢であると
思っています。

その人の人生は
その人のものであり、
その尊重の上でこそ
本当のサポートが
できると
思っています。

でも今、
「サポート」の範疇では
どうしようもならない人が
増え過ぎたようです。

しかし
私達自身も人間です。

人には
できることと
できないことが
あります。

できないことを
悔やみながら
歩みを止めるよりも、
できる今の一歩を
進むことが
私達のすべきことです。

たくさんの人達の
助けになりたい。

という気持ちは
尊いです。

しかし
そんな気持ちを持つ
あなただからこそ、
あえて
お伝えしたいのです。

目の前の
一人に
集中してください。

今、最も大切な人に
すべてを
注いでください。

それがもし
完了できたら、
次の一人に
向かってください。

一人ひとり。
一歩いっぽ。

中途半端な力を
多数に注いでも
何も変わりません。

すべての力を
一人に注ぐことで、
その人がもし
本来の自分を取り戻せたら、
それが
実在レベルで
世の中全体に
与える影響は
測り知れません。

本気になる
とは
そういうことです。

全力疾走
とは
そういうことです。

小さくてもよい。
深い一歩を。

それが
今のあなたへの
メッセージです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。