こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年06月17日

8次元の愛 267 〜最後で最初の一歩は自分で

人は
99.9%まで来ると
ある種の満足をします。

そして
100%を実現すると
次の新たな「挑戦」が
湧いてきます。

100%とは
ゴールではなく
次へのスタートです。

私達は
それをよくわかっているので
中には
99.9%の状態で
止まってしまう人も
います。

このままこの満足に
浸っていたい。
100%になることで
次の段階に向かうことが
億劫だ。
という気持ちが
湧いてしまうからです。

しかしそれは
危険なことです。

99.9%に留まろう
というその意志が
一気にすべてを壊し、
0%にまで
落ちてしまうからです。

99.9%まで登り、
自らの怠慢によって
0%に落ちることで、
その人はもう
這い上がる気力が
出なくなります。

そしてずっと
0%の場所で
留まり続けます。

本人は
99.9%のままだと
思い込みながら
0%の場所で苦しみ、
苦しみながらも
0%にいるという現実を
受け止められない。

とても残念ですが、
そういう人が
増えています。

・・・・・
自分自身が
本当に望み続けた
境界であるにも関わらず、
いざその最後の一歩まで来ると
境界を超えずに
その場に留まろうとする。

なぜ
そうなってしまうのでしょう?

その理由の多くは、
最後の0.1%に
苦しみが伴うからです。

最後の一歩に
勇気が必要だからです。

苦しみを前にしたとき
私達は
100%を超えたその先にも
同様の苦しみがあると
勘違いします。

しかし、
まったく
そのようなことは
ありません。

その苦しみに
立ち向かうことで
私達は出口にたどり着き、
その出口の先に
新たな世界があります。

その世界とは
これまでとは
まったく異なるもの。
これまでが
まるで狭い狭い殻の中に
ギュウギュウ詰めになって
閉じ込められていたのではないかと
思えるくらいの
開放感です。

それを得られるかどうか。

それは、
最後の一歩を
最後の0.1%を
踏み込むかどうかという
自分自身の意志に
懸かっています。

・・・・・
気合いを
入れてください。

気合いを入れるとは
全身に力を入れる
ということでは
ありません。

自分の中心に
力を込めるのです。

自分の中心に
自分のすべてのパワーを
集中させるのです。

余分なところに
力を分散させないで
ください。

余分な歩みを、
行動を
とらないでください。

あなたの人生は
あなたのもの。
あなたの歩みは
あなたのものです。

すべて
自分で決めるのです。

そのために
自分の中心に
すべての力を
集中させてください。

そうすれば
あらゆる現実が
ありありと観えてきます。

腰の据わった目で
自分がどうすべきかが
観えてきます。

答えは
あなた以外の
いかなる場所にも
ありません。

すべては
あなた自身が
知っています。

他に答えを求めるのではなく
すべて
自分で決めましょう。

それが
最後の一歩を
踏み込む
ということです。

・・・・・
最後の一歩は
あなた自身の一歩でなければ
なりません。

その一歩が
すべてを開放させ、
そしてその後の新たな世界では
あなたは
自分自身の道を創れます。

これまでは
学びながら
歩いて来たのでしょう。

これからは
自分の中にある答え通りに
決めて行きます。

あなたのことを
最も信じられるのは
あなた自身
なのです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。