こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年06月19日

8次元の愛 268 〜気持ちよく立ち上がりましょう

今、私達は
卵の殻の中にいる
とイメージしてみてください。

卵の中はかなり狭く、
そこで成長をし続けた
私達は
殻の内側で
ギュウギュウ詰めに
なっています。

早く
この殻を破りたい。

その想い一筋に
がんばってきました。

そしてついに
殻にヒビが
入りました。

そのヒビは
どんどん広がり、
今は
殻全体がヒビだらけ
です。

あとはもう、
私達が
立ち上がる
だけです。

立ち上がれば、
その殻は簡単に
破れるでしょう。

そして
殻を破ったその向こうには
延々と広がる
青空が
私達を迎えて
くれるでしょう。

・・・・・
立ち上がろうとする
今の私達に
必要なことは、
自分の足腰を
信じることです。

私達にはもう
立ち上げるだけの
力が備わっています。

そして、
殻から広い世界に
飛び出した後、
ちゃんとそこで
自らの道を創ることのできる
自分であることを
信じることです。

思えば私達は、
殻の内側を
世界のすべてであると
思い込んできました。

殻の中で
縮こまっている自分を
本来の自分であると
思い込んできました。

思い込みから
自分を解放し、
開放する。
その時がもう
来ています。

・・・・・
苦しいのは
ギュウギュウ詰めに
なっているからです。

それだけ
私達が
成長をしたのです。

痛いのは
殻の固さの
せいです。

それだけ
強い殻だったのですが、
固いが故に
いったん割れ始めれば
すべてが壊れます。

すべてが壊れる
ということを
今の私達は
恐れていますが、
それも一瞬のこと。

壊れた後に
本来の世界と
本来の自分が
実在として
ちゃんと存在しています。

・・・・・
この際、
中途半端な立ち上がり方は
やめましょう。

一気に
気持ちよく
立ち上がりましょう。

多少痛くても
大丈夫です。

私達がこの世に生まれるのも
痛かったはずです。
あの長い苦しみに比べれば、
今回のなんと
清々しいことか。

・・・・・
何をもって
「立ち上がった」
ことになるのか?

それは
人それぞれです。

しかし一つ言えるのは、
それは
精神的な立ち上がり
というよりも
一つの実際の行動となって
現れます。

あぁ、
この行動をとることが
自分自身の殻を
破ることなのだな、
とわかるはずです。

そこに確信を持ったら
思い切って
それをしましょう。

その行動によって
どのような現象が
起こるかは
わかりません。

しかし
現象そのものよりも、
その瞬間からの
自分自身に
目を向けてください。

自分の心は
魂は
どのように変化(進化)
したでしょうか?

そんな眼差しで
自分の実在を
感じてみましょう。

今この時期に
この瞬間に
立ち上がろうとしている人が
いっぱいいます。

心から
応援します。

もちろん
私も
立ち上がります。

お互い、
気持ちよく
立ち上がりましょう。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。