こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年03月24日

エネルギー枯渇の中で

エネルギーの枯渇。
それは人生においては、誰もが体験することだと思います。
どうしてもモチベーションが上がらない。エネルギーが湧いてこない。
私にもそういうことがあります。

1ヶ月前に小玉さんが亡くなってから、恐らくそれがきっかけでしょう、ずっと私はエネルギーがゼロに近い状態で生きているような気がします。
自分で自分のエネルギーを湧き立たせることが、どうしてもできないのです。
事務所に一人でいると、どうしても仕事が進まない状態が続いています。

でもそんな私でも、人と向き合うと、その瞬間に変わります。
エネルギーをその人からいただいている、というよりも、その人との間にその場その瞬間にエネルギーが創り出されている感覚を感じるのです。
それが実にもって気持ちがよいです。
面白いですね。人とのコミュニケーションというのは。
そしてさらに面白いことに、こういうエネルギーの枯渇状態だからこそ、逆によいコミュニケーションがとれたり、よい仕事ができたりもするのです。
目の前に自分以外の人が存在することのありがたみと感謝の気持ちが自然に湧いてきます。

人と向き合うというのは、人生の活力源ですね。
つくづくそう思います。
昨晩もいつものようにSCCコーチング講座があったのですが、何だかあっという間の3時間でした。
病み上がりの方とか、仕事で疲れきっている感じの方など、決して受講生の皆さんもよい状態ではなかったようです。
でも何なのだろう? この居心地のよい感じは。
表面上は元気はなくとも、何となく底辺の方でゆっくりとじっくりとエネルギーの交換をしていたような気がします。
講座の終わった後は、始まる前の状態と比べて、私の中では明らかに何かが満たされていました。

私はコーチングに出会う前は、「人と向き合う」ということができない人間でした。
自分では向き合っているつもりだったのですが、無意識レベルではいつも斜めを向いていたようです。
ですから、人と一緒にいるのはとても疲れました。
人とお会いしたり研修を行なったりした後は、いつも疲労感でいっぱいでした。
でも、今は逆のようです。

「目の前にどんな人かいるか」ではなく、「目の前の人と今この瞬間、本当に向き合っているかどうか」ですべてが決まるのではないでしょうか。
そんなことをつくづく感じる毎日です。


posted by はーん at 11:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最善の道を生み出す原理@一生懸命考えA・・・B・・・さすがに透明で見えにくいかつ最大の力を発揮できる。きっと必殺技なんですね。今日から呪文にします。^^
Posted by あっちゃん at 2007年03月25日 01:15
あっちゃん、ありがとう。
この原理、これまで自然にやってたんですけど、意識化してみて、いざ自分自身の行動を振り返ると、まだまだ不充分だったことにも気づくんですよね。
やっぱり意識化するというのは、大きな力になりますね。
Posted by ハーン at 2007年03月25日 11:59
来月からの土曜の夜講座にちょこちょこ参加さしていただこうと思っております。
よろしくお願いします^^楽しみです♪
って、ハーンの講座でしたよね?
Posted by あやこ at 2007年03月26日 00:10
あやこさん、ありがとう。
土曜日は私が講座を行ないます。
・・・が、実は4月は東京の企業研修が忙しく、すみちゃんに講座をお願いする日もあります。
でも、お会いできるのを楽しみにしております。
Posted by ハーン at 2007年03月26日 17:00
ハーン、実は私も、仲間のことでず〜〜とここんとこテンションの低い日が続いてます。
コーチングから離れてしまっているのもその1つだと思います。
やっぱり、私にはコーチングとSCCの空間が必要だと気付いてます。
Posted by てんこちゃん at 2007年03月27日 19:49
てんこちゃん、ありがとう。
そうですね。その件は私も聞いています。
足元から力が抜ける感じですね。
テンションが低いのを何とかしようと思うよりも、こういう時こそ力を抜いて、目の前の一つ一つの現実と一人一人の人と、ありのままに向き合ってみましょう。
お互いにね。
Posted by ハーン at 2007年03月27日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。