こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年07月04日

8次元の愛 273 〜人としての私の決意

やらなくてはならないこと

やってはならないこと。
その二つが
今ここには
必ずあります。

やらなくてはならないこと
から目を反らし、
やってはならないこと
に向かってしまうことを
現実逃避
と言います。

やってはならないこと
をやることで、
その人は
「一つ行動した」
「一つやった」
という自己満足を
得ます。

そしてその行動に
大義名分を
つけます。
それをやる
理由づけです。

理由づけが
素晴らしければ
素晴らしいほど
周りを納得させることが
できます。
周りの人達は
それを見て、
素晴らしいですね
と称賛します。

称賛されたその本人は
満足を得、
ますます
やってはならないことに
邁進します。

どうすれば
やらなければならないこと
から目を反らしつつ、
自己満足的な方向に
周りの称賛を得ながら
進むことができるか?
その術に
どんどん長けてきます。

以上が、
真剣度合いがゼロの人
の共通パターンです。
真剣度合いゼロの人は
やらなければならないこと
から逃げることに
真剣です。

真剣であるが故に
その真剣さだけを見て
素晴らしいものだと
勘違いしやすいのですが、
それはあくまでも
現実逃避の極み
です。

そしてその事実を
一番知っているのは
本人です。

その人自身の
真本音です。

・・・・・
真剣度合いゼロの人は
次の二つのいずれかの
人生を歩みます。

「怠慢」な人生。

「傲慢」な人生。

いずれも、
その怠慢さと傲慢さを
隠すのに
長けています。
なぜなら
本人ですら
その怠慢さと傲慢さに
気づいていないのですから。

真本音の時代の
直前。
私達は自分自身の枠を破り、
これまで自らが
限界であると思い込んでいた
狭い領域から
抜け出ようとしています。

しかしなぜか、
その一歩手前まで来ると
多くの人が
そこで立ち止まり、
方向を転換し、
怠慢か傲慢の道へと
進んでしまいます。

ここ半年。
随分とそういった人達を
みてきました。

昨日まで
一直線に進んでいたはずの人が
たった一日で
現実逃避の道に
入ってしまう。
そんな現象を
随分と
みてきました。

恐らく
枠を超える恐怖心が
そうさせるのだと
思います。

あと一歩を踏み出せば、
すべての努力が報われ、
すべてから開放されるのに、
そのあと一歩が
出ない。・・・

傲慢になった人に
傲慢ですよ
と伝えても、
まったく聴いてもらえません。

怠慢になった人に
怠慢ですよ
と伝えても
まったく動いてくれません。

人が人を変える
というのは
それこそが
傲慢でしょう。

その人を変えるのは
その人自身。
本人が自分の真本音に
素直になるしか
ありません。

それをただ祈って
見守るしかないとき
なぜか私は
悲しみと同時に
人の尊厳も
感じます。

その尊厳は
どこから来るのかは
わかりませんが、
何もできない歯痒さの中で
私は何とも言えない
人の尊さを
感じます。

・・・・・
人は
なんともならないのだなぁ。

とつくづく
思うこともあれば、

人は、
なんとかなるものだなぁ。

と実感することも
あります。

人には
限界があるなぁ。

と、
諦めに近い気持ちに
なるときもあれば、

人の可能性は
無限だなぁ。

と、
希望に胸膨らます
ときもあります。

なんともならないのに
なんとかなる。
有限のくせに
無限を発揮する。

その
わけのわからない
無限に不思議な
人という存在を
私はいつも
奇異と驚嘆の目で
観ている自分に
気づきました。

もちろん
私自身も
そんな「人」として
ここに存在しています。

それ以上の存在にも
それ以下の存在にも
なることは
できません。

その厳然たる事実と
真理の前で
こう呟くのです。

今、私が
やれることをしよう。

今、私が
やるべきことをしよう。

今、私が
やってはならないことは
やめよう。

やることは
100%やり、
やらないことは
100%
やらないでおこう。

ただそれだけ。

それが
人としての
私の決意です。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。