こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年03月27日

もうあと少し

人の「願い」に触れていると、何だか心が温まります。
今日はYさんの「願いのもとコーチング」がありました。
Yさんは、「人」に対する「願い」をずっと抱いている方です。
普段は海外を飛び回るやり手のビジネスマンなのですが、いつもいつも「人」に対する「願い」を胸の奥に抱き続けています。
問題は、Yさんご自身が「それは何か?」ということにまだ気づかれていないこと。
だからYさんはこれからの人生で、自分が何を成せばよいのか全く見えていません。
毎日の自分自身の存在にさえ、違和感を感じています。
自分で自分を承認しないのですね。
でも、それでも、Yさんの奥にあるものは、明らかにもうすぐ表に出ようとしています。
温かみが体を突き抜けて滲み出ているようです。
とても気持ちがよいです。
これが人間の持つ温かみなんだな、と思います。
人間の深さを感じます。
でも、本人はそれに全然気づいていないのですよ。
面白いですね、人間は。
でもYさん、もうあと少しで「願いのもと」が生まれますよ。


posted by はーん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。