こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年08月13日

8次元の愛 280 〜真の答えの見つけ方

何かに迷っているとき、
自分の中に
モヤモヤがあるとき、
何をどうすればよいか
わからないとき。

そのようなときに
どうすれば
真本音通りに動くことが
できるか?

その方法を
お伝えします。

・・・・・
まず第一歩として
大切なことは、

「自分の中にある問い」

を明確にするという
ことです。

迷いやモヤモヤが
あるときは必ず、
私達の心の中には
問いが浮上しています。

多くの人は
その問いを明確にしないまま
悩み続けています。
つまりは、
自分が今本当は
何に迷っているのか?を
きちんと把握できないまま
悩み続けています。

そして
それなりの答えを見つけ、
次の行動に移りますが、
当然それでは
本当に望む行動には
結びつきません。

その行動をとることで
さらにモヤモヤは増大し
すぐにまた立ち止まる
ことになります。

今、自分は
自分自身に何を問うて
いるのか?

今、自分は
どんな問いの答えを
見つけたいのか?

今、現実は
自分にどんな問いを
投げてきているのか?

それらの視点から
問いを
見つけましょう。

・・・・・
問いが見つかったら、
今度はその問いの答えを
見つけます。
多くの場合は
答えは複数個あるはず
です。

複数個あるからこそ
迷ったりモヤモヤしたり
するわけです。

その問いに対して
自分の中には
いくつの答えがあり、
それぞれの答えは
どのようなものか?

それを明確に
します。

できれば、
すべてを書き出して
みるとよいでしょう。

・・・・・
例えば、
一つの問いに対して
3つの答え(選択肢)
があったとします。

それらを
Aという選択肢
Bという選択肢
Cという選択肢
であるとします。

その3つのどれを
選択するか?
で迷っているわけです。

そのうちの一つを
選ぶのが
次のステップです。
それがわかれば
行動に移せます。

では、
どのように選べば
よいか?です。

まず大切なのは
自分自身に次のように
問うことです。

「今、どの選択をすればよいか、
答えがわかるだろうか?」
と。

そう自分に問うたとき、
「今はまだ答えは出ない」
と自然に思えるときは
答えを出すのを
先延ばしにします。

そういうときに答えを
無理に出そうとしても、
反応本音レベルの
答えしか出ません。

今、答えが出るかどうかを
自分に問い、
「あぁ、今なら答えは出るな」
と自然に思えたときに
すかさず、
答えを見つけましょう。

・・・・・
答えの見つけ方は
以下の通りです。

まずは3つの選択肢を
もう一度、見つめます。

そして
次のように自分に問います。

「これ以外の選択肢は
 ないだろうか?
 本当に、これだけの
 選択肢でよいだろうか?」

この問いによって
さらに他の選択肢が
思いつく場合は、
それらをプラスします。
思いつかない場合は、
3つのままです。

ここでは3つのまま
だったとします。

次にするのは
簡単です。

それぞれの選択肢を
断定的な口調で
呟いてください。

まるで
それが自分の答えで
あるかのように、
呟くのです。
つまり、
「Aをする。」
「Bをする。」
「Cをする。」
というようにです。

もし可能であれば
鏡を前にして
自分の目に向かいながら
行なうとよいでしょう。

一つ一つ
その選択肢で行くと
決心したつもりになって
断定するのが
ポイントです。

A、B、Cと
一つずつ丁寧に
順番に行なえば、
すぐにわかるはずです。
どの選択を
自分が本当は
望んでいるか?を。

望んでいない選択肢は
断定的に呟いた瞬間に
心にモヤモヤが発生したり、
場合によっては
口に出すこと自体に
ストップがかかります。

自分が本当に望んでいる選択肢は
スッキリ、楽に
呟くことができます。

その違いを
感覚として
感じ取ってください。

そして、
スッキリ呟くことの
できた選択肢を
選択します。

その通りに
動いてみてください。

それが
真本音の選択です。

・・・・・
この方法は
真本音の時代に
入ったからこそ
有効に機能する
方法です。

反応本音の時代では
この方法でも
なかなか真の答えには
行き着かなかったでしょう。

でも今なら
できます。

もし、
どの選択肢もスッキリしない
ということでしたら、
恐らく、最初の問い
そのものが
ずれているということに
なります。

大切なのは
問いを見つけること。
逆に言えば、
自分の中の真の問いを
見つけることができれば、
答えは自ずから
見つかります。

なぜなら
答えは、私達の真本音が
最もよくわかっているから。
わかっている答えを
見つけるだけのこと。

それがとても
たやすくなるのが
真本音の時代の
特長です。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。