こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年11月12日

8次元の愛 282 〜自分を壊す、とは

私達は今こそ
自分自身を壊す勇気を
持ちましょう。

これまで
「自分である」
と思っていた自分とは
単なる思い込みであり
幻想に過ぎない。
とまで思っていただいて
大丈夫です。

私はこうだから
こうしよう。
これまでこうだったから
こうしよう。
これが必勝パターンだから
こうしよう。
・・・これらの解釈こそが
今後の私達の
足かせになります。

私達は
もっと大きな存在です。

私達の個性とは
もっと深くて
広いのです。

私達の力とは
もっと無限で
果てしないものです。

私達の本来の
行動パターンとは
まだまだこれから
発見すべきものです。

反応本音の時代において
培ったすべての自分を
いったんここで
リセットしましょう。

それをあえて
「壊す」と
表現していますが、
壊そうとするくらいの
積極性がなければ、
今の私達は
壊れないのです。

・・・・・
反応本音の時代では
私達は、

「現象を見て、
 次の現象を決める」

というやり方を
続けてきました。

これをわかりやすく
言い換えれば、

「現実を見て、
 次の行動を決める」

ということになります。

しかし、物事とは

「実在が現象化する」

というのが
本質です。

実在とは、
心の中の確固たるもの
のことです。
ですから、
上記をわかりやすく
言い換えると、

「心の中の確固たるものが
 現実化する」

ということになります。

ところが、
反応本音の時代では
この本質が
歪んでいました。
つまり、
その通りにならなかった
のです。

具体的には、
「心の中の確固たるものが
 現実化しない」
ということもありました。
「心の中の確固たるもので
 ないものが現実化する」
ということもありました。

心の中で確固たるもの
とは
真本音のことを言います。
つまり本来は

「真本音で決めたことが
 そのまま現実化する」

はずだったのですが、

「真本音で決めたことが
 現実化しない」

とか

「真本音で決めたこと
 以外のこと、つまり
 反応本音で決めたことが
 現実化してしまう」

ということが
起きていました。

本来は
「実在が現象化する」
のにも関わらず、
それが上手く機能して
いなかったのです。

それが
反応本音の時代の
特徴でした。
そのため私達は
「実在を現象化する」
ということを諦めてしまい、

「現象のみを見て、
 実在を無視し、
 次の現象を無理にでも
 形創る」

ということを
し続けて来ました。

それが当たり前の
世の中となり、
その中で育った私達は
本来とは違う個性を
創り上げて来たのです。

しかし今、
時代は変わりました。

反応本音の時代は
去り、
真本音の時代に
入りました。

「実在が現象化
 するとは限らない」

という状態から

「実在は必ず
 現象化する」

という本来の状態に
今は急ピッチで
移行しています。

ですから私達は
反応本音の時代に
形創った私達自身の
パターンを
今こそ壊す必要が
あるのです。

本来の私達を
取り戻すのです。

・・・・・
そのためにまず
必要なことは、

「現象に
 振り回されない」

ことです。

言い換えれば、

「現実に
 振り回されない」

ということです。

現実のみを見て、
解釈をしながら
次の一歩を決めるのを
やめるのです。

現実はただ
観察するだけです。
逃避するのではなく、
解釈するのでもなく、
ただしっかりと
観察します。

そこで起きていることを
そのまま観るのです。

すると、
様々な反応本音が
心の中に発生するでしょう。
それらもただ
観察します。
何の操作もしません。

そして
心が静まるのを待ち、
心が自然体になったときに
自分の中心
つまりは真本音が
何を感じ、
どうしたいと思っているのか
を直観します。
つまりは
思考せずに、自然に
発想が浮かんでくるのを
待ちます。

そして、
迷いのない
「こうしよう」
という発想が浮かんだら、
何の操作もせずに
そのまま素直に
行動します。

その行動は
ひょっとすると
これまでの自分のパターンとは
まったく異なるかも
知れません。
しかしそんなときこそ
勇気を持って
素直に行動します。

それが
自分自身を
壊していくことに
つながります。

壊すことで初めて
私達は決して壊れないもの、
つまりは本来の自分自身を
取り戻すことが
できるのです。

今こそが
そのチャンスです。

一歩一歩の
勇気一つで、
私達は自身の道を
大きく開くことが
できます。

つづく


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。