こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年04月08日

うれしいこと二つ

昨日、うれしいことが二つありました。

一つは昼間に行なったSCC倶楽部です。
昨日は参加者が3名と、とても少なかったのですが、3名が3名とも大きく前進しているのを強く実感することができました。
その前進の仕方が三者三様でとても面白い。

一人の方(Taさん)は、今とても悩んで悩んで、ご本人は「完全に止まってしまっている」「完全に混沌としている」と思い込んでおり、その苦しみの中から抜け出せないでいました。
でもその悩みと苦しみは、間違いなく前進しているからこその苦しみであり、この後大きく殻を破り飛躍するための苦しみです。
あとちょっとです。

もう一人の方(Tiさん)は、もともとコーチとしての天性の素質を持たれている方ですし、とてもよいコーチングをされるのですが、行動がちょっと止まってしまっています。
すごく真面目な方なんですが、根がいい加減なんでしょうね(笑)。
でもそのいい加減さが彼自身の魅力になっていることに彼は気づいていないようです。
真面目な分だけ行動が遅れていますが、もっといい加減になればもっと楽に行動できるのではないでしょうか。
行動が自信を生みます。
あとは動くだけ。
あとちょっとです。

最後のお一人は女性の方ですが、私は勝手ながら彼女のことを「グレートタイフーン」と呼んでますので、ここでは略してGTさんと表現します。
GTさんは前回のSCC倶楽部から約1ヶ月ぶりにお会いしたのですが、この1ヶ月でめざましい進歩を遂げていました。
プロのコーチとして活躍するためには「ある一線」を越える必要があります。
それは人との向き合い方についての「ある一線」なのですが、頭ではなく「体感」として身につけるしかない「ある一線」です。
それを越えていただくために、私達SCCのコーチ養成講座があるわけですが、GTさんはついにその「一線」の境界まで来ました。
今はその境界の辺りをウロウロと行ったり来たりしている感じです。
そしてご本人は気づかれていないと思いますが、GTさんが人と向き合っている時に体全体から発しているもの(波のような、風のようなもの)が1ヶ月前に比べて格段に「やわらかく」「あたたかく」そして「心地よく」なっていました。
う〜む。ただのグレートタイフーンではないぞ。
ホントにホントにあともうちょっと!

・・・というわけで、昨日のSCC倶楽部はとてもうれしかったです。

もう一つうれしかったのは、昨晩、ついにSCCコーチング講座の2007年春期夜コースがスタートしました。
今回の夜コースは5名の新規受講生さんが集まりました。再受講の方々もたくさん集まりました。
とても気持ちよかったのが、皆さんの「真剣さ」です。
特に今回の新規受講生さんのうちの何人かは、今、人生の分岐点にいらっしゃり、今後の人生の選択をするためにこの講座にご参加されていますから、その真剣さもひとしおです。
で、わたくし、その真剣さにお応えしようと思うあまりに、昨日は久しぶりに気負ってしまいました。
結果としてちょっと上滑りの感じの講座になっちゃったかな。
終わってから、私もまだ青いな、と苦笑いしてました。

全30回コース。じっくりじっくりと行きましょう。
「共に向き合い、共に創る」という原点を大切にした講座にしたいですね。


posted by はーん at 10:28| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日はお疲れ様でした〜〜
これからよろしくです。(`・∀・)b★

はじめてハーンの講座が受けられてうれしかったです(笑

二人のやりとりもボケとつっこみみたいでしたね〜〜。
Posted by あやこ at 2007年04月08日 19:58
あやこさん、ありがとうございます。
ボケとつっこみ、・・・確かに。
以前は、トムとジェリーみたいだと言われたこともあります。
今後とも、よろしくお願いします。
Posted by ハーン at 2007年04月09日 10:51
停止中のまだまだなTiでございます。
確かにいろんな意味で停止中です。
図星突かれた!!と思いました。
確かにいつも100点を目指そうと思って行動しているので、
赤点でもいいくらいの気持ちで行動しようと思ってます!
動けば後退もあるかもしれませんが、その後に前進が待っています。
動かなければ何も変化なしです。

とにかく正しくなくても動きます。
アドバイスありがとうございした。

今回は、Taさんのコーチングは見られませんでしたが、
確かにGTさんの空気は変わったと感じました。
私もうまく言葉で説明できないのですが、
今までは攻撃的な感覚を受けることがあったのですが(GTさん、ごめんなさい!)
なんか、包み込むような感覚といえばいいのでしょうか。

コーチングが人をここまで変えさせるのか、
GTさんの努力でここまで変わったのか。

人のことをとやかくいう立場ではありませんが、
これからどう変身していくのかとても楽しみです。
Posted by ちんねん at 2007年04月10日 16:01
Tiさん、・・・って、思いっきり名前出てるじゃん。
ちんねん、ありがとう。

ホント最近、つくづく思います。
「継続は力なり。」
ホントにそうです。
私は思うのですが、コーチングの素質って、人間である以上、すべての人にあると思います。
それがある一定レベルを超えて発揮されるかどうかは、その人がそこまで「継続」できるかどうか。
たったその一点のみに懸かっているのではないか。・・・って。
ですからどんどん動いてくださいね。
失敗話、たくさん待ってます。
Posted by ハーン at 2007年04月10日 16:37
こんにちは。GTです。
月曜日の再受講のときに、「価値出し」クライアントをやったのですが、喜怒哀楽の「喜」で、SCC倶楽部でほめられたことを話しました。
・・・・でも話しながら「でもほめられたのは初めてだから、何かの罠のような気がする・・・・」とか言ってました(笑)

そうですか攻撃的でしたか>ちんねんさん。
それは、自分が自信なかったからですね。
今も別に自信があるわけじゃないのですが、「まいっか」と開き直れた感じでしょうか。
これって本当に進歩なの?>ハーン
Posted by GT at 2007年04月11日 12:58
何でかわかった〜!
講座が修了したから!
生徒じゃなくなったから!
自立しないといけなくなったから、自由になったんだ!
Posted by GT at 2007年04月11日 18:22
GTさん、ありがとう。
お返事、遅くなってごめんなさい。

「ほめられたのは初めてだから・・・」って、いつも褒めてるじゃん!
聴いてないの?(笑)

「自立しないといけなくなったから、自由になった!」
・・・う〜む、さすがグレートタイフーン。
Posted by ハーン at 2007年04月15日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。