こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年12月19日

8次元の愛 299 〜大きな山を越えたい人へ

大きな山を
登れる人は、
小さな山に向かうことを
馬鹿にしてしまう
傾向がありますが、
本当は
小さな山に登る
その行為の中にこそ、
さらに大きな山へとつながる
本質的なヒントが
埋もれています。

大きな山には
大きな土台が必要です。
そしてその土台は
小さな砂粒の一つ一つによって
成り立っています。

それは
小さな山の土台の
砂粒と
同じものです。

自分自身で
山を創り、
その山を登り
自ら越えていく。
それが
私達の人生です。

大きくとも
小さくとも
砂粒の一つを
よく理解することが、
山を創り越えていく
という
人生の指針や
原理原則になります。

砂粒を見ず、
山だけを見続けてきた。
それが、
これまでの私達の
生き方でした。
今こそ、
砂粒から始めてみましょう。

人生における
砂粒とは
何でしょうか?

そして
その砂粒を理解する
とは
どういうことでしょうか?

砂粒を活かす
とは
どういうことでしょうか?

つづく


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。