こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年12月24日

8次元の愛 301 〜心が激しく揺れるとき

心が揺れてしょうがないとき、
どうしても
揺れが治まらないとき。
それは
自分自身の何かが
壊れようとしているとき
です。

いえ、
正確に言えば
何かを壊そう
としているときです。

自分を壊すのは
自分自身です。

自分以外の
何者(物)でも
ありません。

その事実を理解し、
壊れるまでは
為すがまま
でいましょう。

壊れれば
スッキリします。
壊れれば
開放されます。

壊すものは
自分自身を縛ったり
閉じ込めていたもの
です。

壊れるのは怖いですが、
それ自体を楽しめば
思っているより簡単に
壊れていきます。

壊した後には
希望が残ります。
次への希望です。

そこへ
新たな自分として
向かえることは
人としての
幸せの
最たるものの一つです。

現実が
自分を壊すのでは
ありません。
自分を壊すのは
自分自身です。

そんな自分を
自分が
信じましょう。

つづく


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。