こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2014年04月04日

8次元の愛 324 〜何を評価しているの?

自分の大きさは
自分で決めるものでは
ありません。

自己評価という言葉が
ありますが、
現時点での自分を
客観的に判断するという
意味では有用ですが、
自分という人間の
本来の大きさや可能性までを
判断しようとするのは
やめた方がよいです。

わかるわけが
ないからです。

自分とは
何者だろうか?

問うことは大切ですが、
その答えを
自分自身の解釈で
決めてしまうのも
やめた方がよいです。

わかるわけが
ないからです。

わかるわけがないということを
わかった上で
問い続けるのであれば
意味がありますが。

私達がすべきは
自分で自分を解釈する
ことではなく、
自分の想いや願いを
見つめながら
行動し続けることです。

自分の可能性を
評価するよりも、
今やれること
今やりたいことに
向かうことです。
本気を
出し続けることです。

本気の前進が始まれば、
進むことそのものが
楽しくて
しょうがなくなります。

すると
私達の可能性は
無限大となります。

どうせ私達の可能性は
無限大なのですから、
評価なんて
いらないですね。

つづく


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。