こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年05月03日

人生再構築の日

昨日5月2日は、私にとってはとても思い出深い特別な日です。
なぜなら数年前の同じ5月2日に、私は人生を粉々に砕かれたからです。
たった一言の言葉が、これだけ人の心深くに届き、それにより人生のすべてが大きく変わることがあるんだ、ということを身をもって体験した日でした。

それは加藤のコーチングでした。
当時の私はコーチングというものを初めて知り、それが何なのかを体験するために加藤のコーチングを受けていました。
そのコーチングの最中に、私は加藤から私自身を全否定されました。

もちろんコーチングとは、クライアントを否定するものではありません。
クライアントの横に寄り添い、マラソンの伴走者のようにクライアントをサポートするものです。
しかしその伴走者という役割を究極に突き詰めると、つまり、コーチ的な在り方を究極に突き詰めると・・・。
その結果として生まれた「全否定」でした。

その時、私は思わず叫びました。
「では、これまでの私の人生はいったい何だったんだ!」
この私の言葉に加藤が間髪入れずに、ある一言を言いました。
その一言はここでは書けません。
でもその一言は、完全に私自身を粉砕しました。
そして私は3日間くらい起き上がることができずに、一日中泣き続けました。
そしてそのダメージは、恐らく数年たった今でも続いていると思います。
いや、正確に言いますと、そのダメージを忘れないようにしようとしている私が確かにいます。
そしてその一言の後から、私の人生の再構築が始まりました。

今から振り返りますと、その一言は、私の心の深奥の部分がずっと私自身に訴えかけていた一言でした。
ずっとずっと私の人生において、私自身が私に訴え続けていたのです。
加藤はただ単に、それを「拾って」、私の代わりに私に伝えてくれただけです。
つまり私は私自身の言葉によって、新たな人生を構築し始めたのです。
これぞ、ホントのコーチングです。

その時、私の心の中では何が起こっていたのか。
そして、なぜ加藤はあのようなコーチングができたのか。
それ以来、私はずっとそれを探究し続けました。
その探究は今でも続いていますが、おかげで多くのことを発見することができました。
それらすべてが今のSCCノウハウに反映されています。

あの時の加藤のコーチングを、私は究極のコーチングだと思っています。
「全否定」することが究極であると言っているわけではありません。
「全否定」という選択肢までもを包含し、目の前のクライアントを完全に「主」にし、今この瞬間の最善の一歩を共に創る、というコーチングだったからです。
あれ以来、私の人生は劇的に変化しました。
今の私が、あのコーチング以前の私を振り返りますと、自分自身で自分を鎖でグルグル巻きにしながら「動けねーよ!」と叫んでいる私の姿が観えます。

その究極のコーチング、これは加藤だけにしかできないものでは決してないと、私は信じています。
つまり誰もが、きちんと人と向き合うことによって、それは実現可能だということです。
あれは「加藤の力」というよりも、「人間の力」だと思います。
そんなすばらしい「人間の力」を養成するために、今のSCCはあるのです。


posted by はーん at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
究極のコーチングを体験したハーンがうらやましいです。
おそらくコーチもクライアントも真剣に向かい合ってたからですよね。

真剣だから、
クライアントを完全に主にできるコーチがいて、
クライアントは、そのコーチとのセッションで、
共にそのときの最善の道を創ることができたんですね。

究極のコーチングは、
誰にでもできる可能性はあると思います。
でも、誰でも、いつでも経験できるか・・・。
それは、常に考え続ける真剣さが必要なのかもしれないと思いました。

でも、SCCで学ぶ原理原則を突き詰めていけば、いつか巡り合えそうな気がします。

そして、
人生と真剣に向かい合えていない自分がいることを改めて気づかされました。
どうすれば自分と真剣に向き合えるのか、
それがわかれば、
それがきちんとできれば、
人と真剣に向き合えることも自然にできると信じています。
Posted by ちんねん at 2007年05月03日 16:47
ちんねんへ

心のこもったメッセージをありがとうございます。

「どうすれば自分と真剣に向き合えるのか」
・・・自分と真剣に向き合おう、と決めればできます。

実はやってしまえば結構簡単なことなんですよね。
やる前は、とても難しいことのように思えますが。
気楽にやってみてはどうでしょう?
Posted by ハーン at 2007年05月04日 02:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。