こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年05月15日

自信と確信

昨晩のブログでは、混沌とした心模様を描いてしまいましたが、あれからちょっとだけわかったことがあります。

「安定した場所にもどることができない」と書きましたが、違いました。
私は、・・・というよりも私達人間は、すでに安定したその場所にいるのです。
そこから離れたのではなく、もうそこにいるのです。
自分で勝手に「離れてしまった」という妄想を描いているに過ぎません。

・・・な〜んてことは、これまでも何度も学んだはずなのに、また同じところで私は迷っているようでした。
何度も何度も違った角度から、私は迷います。
そして何度も何度も同じ答えに行き着きます。
何度も何度も、「やっぱりそうだった!」と喜ぶのですが、その答えは毎度同じであったことに毎度、愕然とします。

成長していない、ということなんでしょうか?
いや、私は、そうやって階段を登り続けているんだと、信じたいですね。

自信と確信、という言葉が浮かびます。
自信がないときに限って、明らかにどこかで確信している自分自身を感じます。
概して、そういうときはよいお仕事ができます。
反対に自信があるときに限って、明らかにどこかが不安定です。
後で振り返りますとね。その時はイケイケなんですが。
そして、そういうときはだいたい、あまりよいお仕事はできません。
研修で言えば、自己満足的な「自分が気持ちいい」研修になってしまいます。

本当の自信とは、自分の能力を信じることではないですね。
改めて、そう思います。
本当の自信とは、そう、安定している自分自身とつながっていることを信じる力なのだと思います。

さぁ、またしばらく研修やコーチングが連続します。
この大きな山を、あるがままの私で越えていきましょう。


posted by はーん at 17:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハーンの日記を読んでると
いつも安定しているあたしはこれ、大丈夫なんか?と思います。
不安で心細いとか思いません。
よく、みなさん違う自分が出てきそうで、こわい〜って人がいますが、ずるいあたしもいやらしいあたしも、あたしは平気です。いるのも知ってるし〜〜

あ、だから時に無神経なんだ(笑)
自分が平気だから〜〜

でもどっかにいるんでしょうか?そういうデリケートなあたしも・・・。
是非、おって欲しいなぁ〜
Posted by あやこ at 2007年05月16日 17:29
あやちゃんは繊細な人だと思うよ。本当に。
最初に見たときに、そう思った。
Posted by まつ at 2007年05月18日 15:41
私も、あやちゃんは繊細な方だと思います。
でも、その細い神経が、鋼鉄のように丈夫・・・。
Posted by ハーン at 2007年05月19日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。