こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2016年03月04日

8次元の愛 333 〜執着を超えたところに

次の3つの問いに
答えてみてください。

@私が本当に
 したいことは何か?

Aそれを手放したとしたら
 本当は何をしたいか?

Bさらにそれを手放したとしたら
 本当は何をしたいか?

3つとも同じ答えに
なる人もいれば、
3つとも別々の答えに
なる人もいるでしょう。

それはどちらでも
よいです。

それよりも
しっかり確認していただきたいのは

「本当にしたいこと」を
手放そうとしたときの
自分の心の動き

です。

手放すことに
躊躇をしたり、
手放すことが
苦しかったり、
強い抵抗感が
出たり。

そういった場合は
すべてそれらは
自分の

「執着」

です。

安心してください。

執着のあるのが
人間です。

ただ、
自分の執着で
自分の道は
決めないでください。

私達の道は
もっと

「自然」

なものです。

執着など持たなくとも

「そこにある」

ものです。

なので、簡単に
手放せるはずです。
本当の本当に
やりたいことで
あるならば。

執着のあるのが
人間。

でももし、
自分自身の執着を
感じたならば、
今、思っている
「本当にやりたいこと」
を、
自分自身の答えと
決めないでください。

あなたの答えは
もっともっと
深いところに
ありますから。

つづく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。