こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年06月23日

チーム・キネ

心理学では人間の五感を3つに分けます。
一つはビジュアル。つまり「視覚」です。
もう一つはオーディトリー。つまり「聴覚」です。
最後の一つをキネスティックと言います。これは視覚と聴覚以外をすべて含み、「体感覚」と訳されます。
私達人間は以上の3つのどれか一つを中心に使いながら、毎日を生きています。
視覚をいつも中心に使っている人は「視覚優位」と言いまして、視覚が研ぎ澄まされていきます。
聴覚も体感覚も同様です。

さて、前置きはこのくらいにしまして。
本日、SCCコーチング講座の2006年秋期夜クラスが無事に30回のすべてのカリキュラムを終え、修了しました。
全員で4名という少人数の落ち着いたクラスでした。
でも実は、落ち着いている理由の最も大きなものは、そこにいる全員が(私も含めて)「超」のつく「体感覚優位」、つまりキネスティックタイプの人の集まりだったということです。

キネスティックタイプの人達はいつも体感覚を中心に使って生きていますので、何かを言われたとしても、ゆっくりと、ゆっくりと、・・・そうゆ〜っくりと、・・・このくらいゆ〜っくりと、まるで体に一言一言を沁み込ませていくかのようにゆっくりと物事を受け取り、それをまたゆっくりと、ゆっくりと、・・・このくらいゆ〜っくりと噛み砕き、咀嚼(そしゃく)し、またゆっくりと、ゆっくりと、・・・このくらいゆ〜っくりと(そろそろくどい?)それを返していく、というとてもマイペースな人が多いのです。
ですから例えば、私が「ではこのテーマについて、ざっくばらんに話し合ってください。」と言うと、全員下を向いてゆっくりと自己対話に入っていく、という感じです。
「自己対話じゃなくて、みんなで語り合うんです!」
と私が言うと、「あぁ、そうですかぁ。な〜るほどぉ。みんなでねぇ〜。そ〜いうことですかぁ。な〜んとなくわかりましたぁ。」と言いながら、また下をうつむくという・・・。
なんとも大変なクラスでした。
このクラスのことを私は「チーム・キネ」と名づけました。

超キネスティック集団ですので、私達全員がセミナールームに集合すると、なんだかそこだけ時空が捻じ曲がっているような感覚を受けました。
何かがネットリと絡みつく感じ。
空気が外よりも重い。
でもなぜかそれが妙に気持ちよく、いつも夢心地の授業になりました。
ペーシングしたくなくても、ペーシングしてしまうという妙な感覚。
キネスティック集団の醍醐味でしょうか。
そんな独特のクラスが終わってしまうというのはとても寂しいですが、重い・・・じゃない、想いの強い皆さんばかりですから、再受講でもお会いできますし、コーチとしての道を仲間として共に歩んで行けるでしょう。

きむち、あっちゃん、オカ、ちんねん。
全員がお仕事で忙しい中、本当にお疲れ様でした。
全員がこのクラスのスタート当時よりも、数倍、安定感を増しているのが何よりも頼もしかったです。

チーム・キネは永遠に不滅です! ・・・ね。


posted by はーん at 00:06| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハーン、お疲れ様でした。
いろんな意味で大変だったかもしれないけど、チーム・キネメンバーとしては、とても心地よかったです。
チーム・キネのリーダーは超キネのハーンですから。
でも、こんなメンバーが集まるのはそうないかもしれませんね。

きむち、あっちゃん、オカ、そしてハーンみなさんありがとう。
Posted by ちんねん at 2007年06月23日 07:52
ほんと「チーム・キネ」ありがとう。
きむち、オカ、ちんねん、そしてハーン、最高に居心地の良い講座でした。
Posted by あっちゃん at 2007年06月23日 14:07
キネ、漫才! ・・・じゃない、万歳!!
Posted by ハーン at 2007年06月23日 16:11
遅刻ばかりのオカでした。
そんな私をみんなが暖かく迎えてくれたことに感謝。
「チーム・キネ」最高

マイペースで、わがまま度全開でちょー気持ちいい。

ハーンありがとう。
みんなありがとう。

チーム・キネは永遠に不滅です!
Posted by オカ at 2007年06月24日 00:54
これからもどんどんコーチングの腕を磨いてくださいね。
Posted by ハーン at 2007年06月24日 15:34
後れ馳せながら、

初めての受講が、チーム・キネでノビノビと学ばせていただけてホント心地良かったぁ〜。

ただ、
あの大河の流れのようなゆ〜〜っくりとした時空間が終わってしまったと言う実感が、
やっぱりこれだけのタイムラグでゆ〜〜っくりじわじわとやってきました・・・。

日常では得難い、キネの空気・・・
サイコーでした☆

「チーム・キネは永遠に不滅です!」
リーダーの決めゼリフを一蹴してしまいました(笑)が、ホントは嬉しかったんです。

あっちゃん、オカ、ちんねん、そしてハーン、
ほんとにみんなありがとう!!
Posted by きむち at 2007年06月25日 11:30
今度、打上げよろしくお願いします。
すみちゃんも参加したいって言ってたけどどうする?
キネ限定にする?(笑)
ペース乱されそうだから。
Posted by ハーン at 2007年07月01日 15:24
チーム・キネのことは聞いていましたが、
オカもあっちゃんもちんねんもみんなキネスティックだったんですね!?
きむちさんには昨夜SCC倶楽部ではじめてお会いしました。

わたしも体感覚だとおもうんですけど(すみちゃんにいわれたし)、わたしこそ本当にそしゃくが長いんです。自分が話すのも遅ければ聞くのもゆっくり聞きたい人です。クライアントが早いペースで話すと、聞き取りが出来ません(涙)
キネの話しさえ聞き取れず・・・

ハーン、私はもしかして超キネ??

そして、超キネでもコーチはつとまりますか?

なにか訓練が必要とおもわれますか?

それともクライアントさんに「Please more slowly」って言っちゃっていいでしょうか?
もちろん日本語でですけど・・
Posted by みーちゃん at 2007年07月23日 15:26
みーちゃん、お返事遅くなりごめんなさい。

私も自慢じゃありませんが、超キネです。
速い人のペースに合わせるのは、とても大変です。
どうすればいいか。
答えは明確です。
努力、練習、努力、練習、・・・です。

クライアントさんにペースを合わせられる自分になるために、自分自身を変えましょう。
そのためには、自分の努力です。
自分の生き方を変える必要はありません。
でも自分の能力を高めましょう。
もっともっと努力してください。
もっともっと練習してください。
その一つ一つが必ず力になります。

継続は力なり!!
Posted by ハーン at 2007年07月29日 15:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。