こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年10月03日

お昼の授業でした

今日は加藤の代わりに初めて、SCCコーチング講座の2007春コースのお昼のクラスで授業をさせていただきました。
「ハーンは濃すぎるから来ないで」と加藤に言われてからはや半年。
ようやく昼クラスの受講生さん全員と初めてお会いできました。
再受講の方々もたくさんいらっしゃいました。
皆さん、明るいねぇ。エネルギッシュだし。
いや、夜クラスが暗いということではないですよ。
夜には夜の良さがあります! ・・・いや、夜には夜の濃さがあります!と言った方がいいか。やっぱり。
とにかく今日は皆さんの迫力に押され気味の授業、・・・というか、完全に押されまくってました。
でもとても楽しかったです。

その後は、ある大手メーカーの人事部長さんと打合せでした。
ヒルトンホテルの喫茶店で打合せしていたのですが、ロビーから大声が聞こえてきました。
「君はなんて失礼なんだ!! もっと人に気を遣わんかい!!」
というすごい怒鳴り声。
どうも携帯電話で話しているようです。
あなたこそ、周りの人に気を遣ったら?・・・と言いたくなりましたが、人って自分のことは見えないんですよね。
人事部長さんとの話でも出てきましたが、自分で自分をコントロールする「セルフコーチング力」を高めるというのは、今はすごく求められているな、と思います。
今日の授業でもSCCの新たな講座、「SCCセルフコーチング講座」のご紹介をしましたが、きっとこの講座もSCCの新たな柱となっていくんでしょうね。


posted by はーん at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。