こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年10月16日

コーチングを終えて

約8ヶ月間続いた、あるクライアントさんのコーチングが終了しました。
ちょうど今、お帰りになったところです。
セミナールームで一人、ふと今の心境を書きたくなりました。

私の心の奥の方に、なんとなくあたたかいものが残っています。
それは言葉で表現すれば、「喜び」ということになるのでしょうが、そういった感情的なものとは少し違い、それはとても落ち着いていて、しかも深いものです。
そしてとても柔らかく、軽いもの。とても満たされた感覚のもの。
一人の方が、本来の自分自身と向き合い、その人の「本来」を取り戻していく。
そんなサポートができるといいな、と思いながら私はいつもこのお仕事をさせていただいていますが、その「本来」に触れることができると、いつも今のような感覚を得られます。
これはやはり、人の、人間のすばらしさなんでしょうね。

すべてのクライアントさんに対していつも思うことですが、
今日のクライアントさん(Yさん)と出会えて、私は本当によかった。
本当に幸せだ。
人との出会いに対して、こんなにも感謝ができるこの仕事に、私は感謝です。


posted by はーん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日、そして、8ヶ月の長期にわたり、お世話になりました。

ビルのエレベータに乗ったとき、「今ごろブログの更新をしているだろうなぁ」と予想していましたが、予想通り!(^^)
竹内さんは、「本来」という言葉を使って
いらっしゃいます。

もしかしたら、自分の「本来」の姿って、自分では見えないものなのかも知れません。鏡だって、人から見えている姿の左右逆にしか
写ってくれませんし。

私もこれから触れ合っていく人が、自分の
「本来」に気づき、前を歩き出すお手伝いが
出来る人になりたい、と想っています。

プロとしてのコーチなのか、全く別の方法なのか?

それはこれからの「出会い」「気づき」の
から自然に自分が導かれていくんだと想います。

ひとまず、お世話になりました!
またひょっこり顔を出させていただき
まーす!

Posted by クライアントのYさん at 2007年10月17日 09:31
Yさん、お返事ありがとうございます。
やっぱり、素敵な文章を書かれますね!
この文章のように、私はいつもYさんのコーチングをさせていただきながらも、私自身がエンパワーメントされているような感覚を感じていました。
今後Yさんが、どのような「発信」をされていくのか、Yさんの「本来」の願いがどのように広がっていくのか、とても楽しみにしています。

また遊びにいらしてくださいね。
Posted by ハーン at 2007年10月18日 11:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。