こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年10月19日

SCCセルフコーチング講座

来年の1月から「SCCセルフコーチング講座」という新講座がスタートします。
何となく自然な成り行きで始まる講座なのですが、これ、私の人生にとっては結構大きな事件である、ということに今日初めて気づきました。

私には「人生の願い」と言ってもよいような、ある一つのビジョンがあります。
それは一つの場面の映像として何年か前から頭に浮かぶようになったのですが、その意味するところはいまだによくわかりません。
でもどうやら、「SCCセルフコーチング講座」はその映像に直結するものとなりそうなのです。
いや、正確に言いますと、この講座がスタートとなり、2〜30年かけてブラッシュアップされ続けることにより、最終的にそのビジョンの実現につながるようだ、ということなんです。
根拠は何もないのですが、そうなんだなって今日初めて自然に思えました。
根拠のない確信みたいなもの。

ですからこの新講座は、私自身のこれからの人生を創る長いロードのスタートとなるものです。
どんな講座になるのかは実際にはやってみなければわかりませんが、今からとても楽しみです。

ひょっとしてこれまでの私の人生は、この講座を始めるためにあったのかな。


posted by はーん at 08:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おなじようなセリフをカルロス・ゴーンが日産に来るときに思ったそうですよ。

「このために今までがあったんだ!」って思える出来事に出会えるっていいですね。


あたしも楽しみに待っています。
Posted by あやこ at 2007年10月21日 19:50
あら、あやこさん、お久しぶり。
へぇ、ゴーンさんもそう思われたんだ。
そう、そういう出来事に出合えるのってうれしいよね。
明日、いよいよ体験セミナーが始まりますが、とても楽しみです。
Posted by ハーン at 2007年10月22日 19:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。