こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年10月31日

音が沁みる

昨日の話ですが、東京のある学習塾の先生方へのコーチング研修を行なってきました。
第7回目の研修でした。
もう少ししましたら具体的な社名をお出しし、ご紹介できると思いますが、いつもこの学習塾の先生方はとても真剣なので、研修をさせていただく私としても毎回気持ちがよいです。

私は電車に乗っているときなどは、よく音楽を聴くのですが、こういう研修の後は、音楽が体に沁み渡ってきます。
皆さんご存じの通り、私は特にジャズが好きですが、トランペットやサックス、ピアノ、ベース、ドラムスの一音一音がくっきりと絡み合いながら、心の底に浸透していきます。
昨日の新幹線はまた夕日がきれいでしたが、夕日とジャズがマッチしてとてもよい気分でした。
私はジャズ的研修をいつも目指していますが、研修にご参加の方々と深くつながれるような“セッション”をこれからも続けたいですね。


posted by はーん at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。