こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年10月31日

公開コーチングでした

今日は公開コーチングでした。
前回の反省も踏まえ、今回はコーチングを皆さんに見ていただいた後に意見交換や解説の時間をできるだけ多くとりました。
コーチは加藤が行ない、私が解説係でした。
この役割分担は結構よかったと思うのですが、どうだったでしょうか。

前回の公開コーチングでは、ほとんど「素」のままのコーチングをお見せしましたが、今回はどちらかと言うと、かなり「基本」を意識して、基本に忠実なコーチングになりました。
ですからその分、わかりやすかったかなとも思います。
加藤のコーチングは相変わらずすばらしく、特にクライアントと同調するけど全く引きずられないというバランスが絶妙でした。
一見何気ないように見える会話の一つ一つに、直観的な大いなる意図を感じるコーチングでした。

解説が入った分、コーチングの回数が減ってしまいましたので、今後は今回のようなパターンで、公開コーチングの実施回数を増やすことを考えてもよいかなとも思っております。

やっぱり、よいコーチングに触れるというのは、よい刺激になりますね。


posted by はーん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。