こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年11月11日

いよいよ実践

今日のSCCコーチング講座はソーシャル・ステージの第8回目の授業でした。
いよいよこの講座も山場を迎えました。
というのも、これから受講生の皆さんは本格的なコーチング実践に入っていくからです。
受講生さん同士がコーチとクライアントの関係を創り、そして受講生さん以外の一般の方も最低一人はクライアントを創り、継続的なコーチングをスタートするのです。
これまで学んだ一つ一つのコンテンツを組み合わせながら、身につけた力を発揮していきます。
今回の受講生さん達はこれまで以上に個性的で(笑)、でも各々の真剣さがとても心地よいです。
果たしてどのような展開になるのか。
毎回、どのような報告をもらうことができるのか。
ワクワクします。
この講座の本当の醍醐味がここから始まります。

今の皆さんにとって大切なのは、質よりも量。
様々なタイプの人達と、向き合う量です。
そこで感じ取るすべてのことが、力となります。深さとなります。広さとなります。
皆さんの健闘を祈ります。


posted by はーん at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。