こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年11月13日

内側の探求

私達の内側、つまり心の中には、大きな世界が広がっています。
それこそ、外の世界(大袈裟に言うなら宇宙)に匹敵するほどの広さと深さがあるのではないかと、私は思っています。
その内側の世界を探究することが、私の人生の最大のテーマだと思っています。

ただしその探究とは、学術的探究を指すのではなく、実践的探究です。
実践的探究とは、外の世界との関わりを必要とします。
いや、人間そのものが「内と外の境界線にある存在」であると言えますので、内側だけを探究するというのは現実的ではありませんし、事実上不可能です。
「内側の世界を探究する」とはつまり、「生きるとはどういうことか」を探究することとやはりイコールになりますし、それこそが人間探究ですね。

ここのところ、セルフコーチングに関する期待と要望をすごく「感じます」。
これまでの私の人生は恐らく、「セルフコーチングとは何ぞや?」を明らかにするためになくてはならないものであったと思っています。
そして今、ようやくこれまでの発見を世の中に発信する時期が来たような気がします。
しかし発信するためには、「わかりやすくまとめる」ということが不可欠。
ここで今、悩んでおるのですな。

内側と外側と共に対話をしながら、一歩一歩進んでいくつもりです。


posted by はーん at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。