こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年12月06日

クッキリ鮮やかに

私の心の中の「本来の私」に絡みついているものが、今日一つ取れました。
それは空気のような存在で、「そこにはもう何もない」と思い込んでいたのですが、あったのですねぇ。
まずは、その存在を隠していた自分を発見したんです。
それは昔の自分。
そう、18歳くらいの頃からずっと創りつづけてきた自分でした。
それが、私のある一面を完全に隠していた、ということです。

その昔の自分に「もう隠さなくてもいいんだよ。ちゃんと観れるから。」と告げたところ、案外素直にどいてくれまして、そしたらワッと出てきたわけです。
「ウォーッ、まだまだこんな自分がいたんだ!」
とびっくり。
それらをありのままに観たら、だいぶ楽になりました。
その直後にコーチングがあったのですが、クライアントさんと向き合ってまたまたびっくり。
クライアントさんが観える観える。
とてもクッキリ鮮やかに。
間の空気が全部抜けて、まるで真空で向き合っているようでした。
これまでの観え方はなんだったのだろう?という感じです。
う〜む、まだまだこうやって私は「向き合う」ということを学んでいくんですな。


posted by はーん at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。