こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年12月12日

コーチが増えている

今日はSCCコーチング講座2007春期コースのお昼のクラスの最後の授業でした。(私は参加できませんでしたが。)
皆さんに修了証をお渡しできました。
実は昨日、その皆さんの修了証を見ながら、ちょっと感慨にふけっておりました。

そして今日、野田塾さんからコーチングに関するお問合せがありました。
野田塾の先生方は、今も頑張って社内でコーチングを続けられています。
先生方の奮闘ぶりが伝わってきました。

コーチが増えている。
人と向き合い、人のサポートを本気でしよう、という人が増えている。
この事実は、とても嬉しいものです。

私はコーチングと出会うことによって、人と向き合うことの楽しさとすばらしさ、人の可能性の凄さをまざまざと体験・実感することができました。
このすばらしさをもっともっと多くの方々にお伝えしたいな、と思います。

コーチとしてこれから活動される方々へ。
コーチングは実践すればするほど、奥深さを感じるものです。
それは人間の奥深さを感じるからだと思います。
どうか、永遠に続くような奥の深いその道を、楽しんで進んでください。
自分自身のペースでね。


posted by はーん at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。