こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年12月21日

やっぱりいいなぁ・・・

約1ヶ月半ぶりにコーチングをしたクライアントさんがいます。
彼は若手の管理職さんなのですが、今日お会いしてびっくり。
雰囲気がガラっと変わっていたのです。
根っこが生えたようなドッシリ感と安定感と貫録がついていました。
とても大きく見えました。
「どうしちゃったの!?」
と思わず聞いてしまいました。

最近、つくづく思うのですが、「願いのもと」を出すコーチングとそうでないコーチングの場合はある時点からの成長度が全然違ってくるようです。
彼の場合は約5ヶ月前に出しました。
そして「願いのもと」を彼自身が大切にしながら現実と向き合うことによって、ある瞬間に飛躍的な成長、・・・何かの殻を一気に破るような成長をされるんですね。
そして面白いことに、それをご本人は気づいていない場合が多いのです。
本当の成長とは、本人にとってはあまりに当たり前で自然なことなので、気づかないのですね。
「以前はこうでしたけど、今はこうなりましたね。」
とフィードバックすることにより初めて、自分自身の変化に気づくようです。

やっぱり「願いのもと」コーチングはいいなぁ。
このコーチングのできるコーチが一人でも多く社会で活躍されることを私は強く願います。


posted by はーん at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。