こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年01月31日

気持ちよかった

今日は朝からウキウキしていましたので、ニュートラルな自分であり続けることに結構苦労しました。
必要以上にウキウキワクワクすることによって、私の仕事(研修講師)の場合は自己満足に陥りやすいのです。
気持ちの良さにのまれて気持ちのよい話をし、「気持ちのよい研修だった!」と満足することほど、怖いことはありません。
それはもうプロの仕事ではありません。
・・・という前提を一応述べておいた上で、今日だけは言わせてください。
今日は気持ちのよい研修だった!!

なぜに、こんなにも気持ちがよかったのだろうか?
いろんな原因があると思いますが、やはり毎度のことですが、「共に創る」ことのできた研修だったからでしょう。
昨日のブログでも書きましたが、A社のBさんと共に創ることができましたし、何よりもご参加の方々と共に場を創ることができました。
私はすべてを場に委ね、「ただそこに在る」だけの存在となれました。
集合無意識レベルの一体感ですね。
かと言って誰も「酔って」おらず、極めて普通の状態で訥々と研修は最後まで進みました。
2日間の研修でしたが、皆さんはスーッと集まり、スーッと2日間で心の中を洗い、スーッと去っていった、という感じ。
力むわけでもなく、意気込むわけでもなく、かと言って気を抜くわけでもなく。
シャンとそこに立ち、シャンとリラックスし、シャンと前を向いている、という感じ。
上手く言葉では表現できませんが、やっぱり何だかとても気持ちがよかったです。

A社さんとのラポールはまたさらに高まったと思います。


posted by はーん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。