こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年02月14日

太陽と月

ある大手企業さんが、業界全体の活性化のために、メーカーや流通業の枠を超えた連盟会を発足しました。
その会では、様々な経営者の皆さんがお集まりになるのですが、その方々を対象とした研究会がスタートします。
社運を賭けた、というよりも、業界全体の未来を賭けた大きな流れとなるものです。
(そのうちに報道もされると思います。)
今日はその会の役員会があり、私はリスペクトのメンバーと共に、そこに一日参加させていただきました。

なんとその研究会の最初の研修を私がやらせていただくことになったからです。
しかも丸っと2日間の研修です。
対象は会員企業の経営者の方々です。
会の役員の方々への顔見せが本日の目的です。
錚々(そうそう)たる方々がお集まりなので、緊張しました。
研修は約1ヶ月後に行なわれますが、もう今からドキドキです。
でも、この会を発足された、その大手企業の社長さんの熱い想いを聴かせていただき、私の胸も高まりました。
社長さんの想い、確かに心の中心で受け取りました。
私は私にできることに最善を尽くすのみです。

その役員会の後は、とあるビルの30階で東京の夜景を見ながらコーチングをしました。
約2時間のコーチング。
さっきまでの私は「太陽」のような心だったのですが、ここでは「月」の心になったよう。
クライアントさんは、今日は3つの大きな気づきを得られました。
そのクライアントさんの輝く目を見ていると、スーッと私の中にもクライアントさんの安らぎの気持ちが移って来るようでした。
今日も充実した一日でした。


posted by はーん at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。