こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年02月18日

怖れと不安

未来に対する怖れや不安の気持ちがいっぱいになることってありません?
私は時々、そういう状態になります。
昨晩がそうでした。
きっかけはありました。それは名古屋でのあるお仕事のご依頼でした。
そのご依頼を聴いた瞬間、
「今の私には無理だ。」
と思ってしまいました。
私の仕事というのは、「これまでと同じことを同じようにする」という要素がほとんどありませんから、いつもいつも未開の地を開拓するような難しさがあります。
ですから道なき道を行くことには、ある意味慣れているのですが、昨日のご依頼に関しては「とても無理だ」と思ってしまったのです。
私はそれを正直に先方にお伝えしました。
ところが、「お願いしますから」と先方も折れず、結局そのご依頼をお受けすることになりました。
それがきっかけで、怖れと不安がいっぱいに湧き上がって来たわけです。
もともと以前の私は、何かあるとすぐに悪い妄想を広げてしまうという癖がありましたので、その癖が頭をもたげ、どんどん気持ちが落ちて行きました。

そういうときはどうするか?
はい、そうです。向き合うしかありません。
私は次々と浮かび上がってくる怖れや不安と一つずつ一つずつとにかく向き合い続けました。
いろんな自分がいましたね。
今回のこの仕事のご依頼は、一つのきっかけに過ぎません。
このきっかけをもとに、まだまだ私の中で処理し切れていなかったいろんな自分がどんどん出てきました。

そして今朝。
とてもとても目覚めが良かったです。
気分スッキリ。
昨晩の怖れも不安も、もうここにはありませんでした。
心は静謐さと安定さをたたえています。
ちゃんとセルフコーチングができた証です。

現実と向き合うためには、まずは自分自身と向き合うこと。
このセルフコーチングの原則を改めて体感しました。
力を込めるのではなく、かと言って弱腰になるのでもなく、ただあるがままの自分として目の前の現実と向き合って行きましょう。


posted by はーん at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。