こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年02月25日

ある大手企業様での研修1日目でした。
ご参加の方々の前に立った瞬間、私は自分の心の中がとても静まっていることに気がつきました。
こんなに静かなのは、ちょっと珍しいです。
近年では、ないかな。
いや、ひょっとすると人生で初めて手に入れた静けさかもしれません。
そんな静けさの心のままに一日、研修をすることができました。

研修が終わると、一緒にいたスタッフがとても喜んでいました。
「我々が創ってきた企業研修は、今日で一つの完成を見たのではないでしょうか。」
と彼は言いました。
確かに。
彼の言葉を聴いて、私もそう思いました。
これまでSCCを立ち上げてから、・・・じゃないな、この仕事を始めてからずっとずっと私の追い求めて来た企業対象研修の一つの姿が、ここに一つの完成を見たような気がします。

ただし、実は本当は「完成」ではありません。
「完成」などということは恐らく一生ありません。
今回完成したのは、きっと「種」でしょう。
何が本当に大事か。そして何があまり大事じゃないか。
それらがようやくわかってきて、無駄なものがすべて削ぎ落とされて、その結果として一つの「種」が残ったんですね。
そうそう、そんな感じです。
やっと「種」ができたんだ。
そしてこれから、その「種」から芽が出て、茎が伸びて、花が咲くんだ。
・・・いやぁ、うれしいね。
試行錯誤し続けたかいがありました。

さぁ、ということはようやく本当のスタートです。
明日は研修の2日目。
「種」を大切に育てていきましょう。


posted by はーん at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。