こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年02月27日

人間よ

自分には何もできない。
自分には何の力もない。
その厳然たる事実を目の当たりにしたとき、初めて私は現実とありのままに向き合う勇気を得ました。
数年前の話です。

人とは理解不可能なもの。
深く関われば関わるほど、底が見えなくなる。
わかればわかるほど、わからなくなる。
そこにはもう何もないと思っていたところに、実は自分自身の人生の真実があったりします。

自分は何に呑まれて生きてきたのか。
自分は何を自分自身から必死に隠そうとしていたのか。
自分は何から逃げ続けてきたのか。

そのすべての事実は、何をどう抗おうとも、厳然とそこに存在します。

自分はどこから来て、何をし、どこへ行こうとするのか。
そんなことは最初からもう、私達は知っているのです。

だからこそ、こんなにも苦しむのです。

何の力もない私が、最後までできたこと。
それはたった一つ。
祈ることでした。
その人が、自らの力で自分と向き合い、自分の次の最善の一歩を踏み出すことができますように。
ただただ信じて祈るだけ。

私にはできることしかできない。
私は私にできることをする。
できる最善を尽くす。

それがきっと人間の真実なのでしょう。
私は人間です。
あなたも人間です。
私達は人間同士です。

だから心の中に何があってもよいではありませんか。
何があっても私は変わりませんよ。
私はただ、信じて祈り続けるのです。


posted by はーん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。